2010年5月15日 (土)

会津の地酒を利く

というわけで、今日はたまちゃんを見送ってきました。

家に帰ると、いつもデスクトップの脇で迎えてくれるはずの君がいない。淋しさを紛らわすために、冷蔵庫の酒を取り出す(どうせいつもの講義後の食事会で飲んでいるので、仕事にならないと割り切っただけの話です)。先日、GWにわざわざ会津からいらしたTさんからお土産にいただいた国権だ。ケースに堂々と入った虎の絵は、あのとき店で阪神ファンのマスターに見せたらきっと食いついたはず。五百万石使用の本醸造は、しっかりした重みのある辛口の酒。重いが決して嫌味はなく、強い印象を残すがあとをひかない。香りはほとんど立たないが、根っからの左党には愛されそうな、普段着の地酒だろうか。酒質がしっかりしているだけあって、濃いめの味付けであるワカサギの佃煮にも負けないで味わえる。Tさん、どうもありがとうございました。

さて、仕事は明日に賭ける(言い方はかっこいいが、大事なことを先延ばしにしているだめな大人です)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

年越しの完売

ジプシーワークがてら、年末に買い損なった酒を買いに再び久保田酒造へ行ってみた。

だが残念。目当ての発泡生濁り酒が今年は早くも完売したそうな。なんでも今年は酵母を変えてみたら、甘みが減って発泡性が増したらしく、例年以上に開栓時に注意が必要とのこと。利いてみたかったなあ。来年もこの酵母でいくかどうかわからないそうなので、まさに一期一会の酒だった可能性もある。

けれど代わりに新しいことも知った。濁り酒は造った酒を濾過せずそのまま詰めたものかと思っていたが、実はそうじゃないらしい。そのまま詰めると、おりの粒度が均等にならないから、一度濾過してふつうの透明な酒にしてから、おりをふるいで選別して細かいおりだけ改めて酒に入れ直すのだという。それも適度にかきまぜながら入れないとびんごとに均等にならないので、すべて人手の作業。ふだんより余計に手間が掛かっているのにふつうの生酒より安いとは、驚いた。いやあ、蔵元のそういう見えにくい努力には本当に頭が下がる。しかし、労力が価格に反映されにくいところは、われわれ出版翻訳者も似ているなあ、と勝手に親近感を覚えたり。

タイトルは、わかる人だけわかってください。あんまり上手くないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

新酒を買う

サンタさんからの宿題第一弾を提出。編集もデザイナーも明日から休みだから、あとは年明けだ。ってオイラの休みは?

昨日、正月に実家へ持ち帰る酒を近所の久保田酒造まで買いに行った。ここの相模灘という酒は、神奈川県内の蔵元ではone of the best、いや一番好きかもしれない。ほかにも山北の丹沢山や茅ヶ崎の曙光あたりがすばらしい酒を造っているが、ここは旨味、香り、清涼感など、すべてにおいて絶妙なバランスがとれている。

最近杜氏が高齢などの理由で引退され、それまで杜氏から学んでいた蔵元の若いご兄弟が造りを引き継いだが、見事に変わらぬ味を保っている。おまけに探求心を忘れずにいろいろ挑戦もしていて、醸造後の廃棄物となる酒粕でつくった焼酎を、これまた使用済みのシェリー樽を手に入れてそこに保管し、ブランデーのような色と香りの逸品を生み出したり。COP15もびっくりのエコ生産だ(エコといえば、ダバダ火振という栗焼酎もつくっている高知の酒蔵は、栗の皮を肥料にしてつくった酒米で日本酒を仕込んでいるという話もあったな)。昨日は純米吟醸の日本酒に漬け込んだ梅酒を売っていたので思わず購入。実家用は本醸造の今年の新酒だ。

帰り際に借りたトイレの裏になぜか巨神兵が。

091227_153340

妙に風景と合ってるんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

蓬莱泉、南、醸し人九平次……

町田某所で日本酒の会。今年は総勢4名だったが、久しぶりに会う人もいて、楽しい4時間を過ごせた。蓬莱泉を法令線と言ったHさんにざぶとん1枚。メニューは先月編集者と来たときとほぼ変わっていなかったが、料理も酒も絶品だ。どちらも相当な品揃えなのだが、厨房や冷蔵庫はどうなっているんだろうと思う。

帰宅後は、録画していたグラチャンバレー日韓戦を観戦。試合内容はともかく、珍しく日テレでのバレー中継を見ると、某テレビ局と違って余分な余興がなくて、ゲームだけをしっかり見せてくれて好感が持てた。コートサイドレポーターの落合真理さんって、最近全日本にいたこともある人のはずだけど、いつのまにか引退していたのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

一献

昨日はT社のK氏と町田で一献。日本酒のレパートリーが並外れて多く、料理も季節ごとに食材にこだわり、店の人の対応も居心地もいい例の店へ、2月に入れなかった雪辱を果たす。今度は万全を期して予約を入れたのだが、行ってみるとがら空きで、帰るころには客はわれわれだけだった。世の中、何かあったのか?

今回は打ち合わせでも仕事の相談でもまったくない、完全に飲みが目的で誘われたので、話題が多岐にわたりとても愉しかった。それなのに会社持ちでおごってもらって恐縮至極。一応飲みながら検討中だという原書をぱらぱら見て勝手な意見を述べたのについてリーディング料だとかこじつけられ、ありがたくお礼を申し上げる。

飲んだお酒は、天青、醸し人九平次、(なんか初めて目にした銘柄のやつ)、李白を五勺ずつで計二合。今週はほかにも飲む予定があるから、控えめに。ホヤの酢の物、おいしかったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 1日 (水)

やっぱり

昨年事故米を買わされていたとされていた美少年酒造、やっぱりこういうことだったのか。

事故米転売「被害者・美少年酒造」が三笠側から裏金30年

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090331-OYT1T01135.htm?from=top

やっぱりという件については、以下の過去ログを参照。

http://sake-kinoko-monokaki.cocolog-nifty.com/blog/2008/09/post-3929.html

小さくてもこつこついい酒をつくっている蔵元もあるのに、こういうところがあると残念だ。酒は値段や知名度で判断してはいけないという当たり前のことが、もっと広まらないといけないんだろうなあ。居酒屋や、試飲のできる酒屋などで、自分の舌で探す楽しみを知るとたまりませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年11月 5日 (水)

日本酒の会

昨晩は、S師匠の弟子仲間4名と日本酒の会。今回も、僕のおすすめの町田の店で。

いや~楽しかった。SOHOだとふだんの人付き合いがないので、たまにこういう同業の仲間と会う機会があるとものすごく盛り上がる。仕事と関係なく、かなりアブナイ話題も出たが、酔っぱらいにはもう周囲に他人がいることすら意識から失せている。となりで飲んでたオヤジたちは、奥様方の話にびっくりしてたんじゃなかろうか。でもドンマイ。

飲んだお酒は、佐賀の能古見、静岡のくどき上手、茅ヶ崎の天青など。なかでもくどき上手の古代米で作ったものは絶品だった。香り米で作った琥珀色のやつと、黒紫米で作った赤ワイン色のやつがあったが、前者は古酒の色合いでありながらすっきりさわやか。後者は日本酒とは思えぬワインのような渋みが心地よい後味となって残る。恐るべきお酒だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

事故米

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080910-00000003-jct-bus_all

例の事故米、美少年も使っていたらしい。5年以上前から美少年は見る影もなくまずくなったので決して買わないようになっていたが、まさかこれが原因ではないよね。酒米と偽ってタイ米が納入されていたというが、それで味が変わらないほうがおかしいと思う。三笠フーズもひどいが、酒造りのプロなら、破砕されてわからないといってもジャポニカ米との味の違いぐらいわからないといけないんじゃないか? 焼酎のような蒸留酒ならともかく、醸造酒ではありえないことだと思う。上善○○の味が落ちたのもまさか……でもあれは10年以上前に落ちたから関係ないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月31日 (月)

江川酒とささいち

最近飲んだ酒について、まとめてふたつメモ。

①江川酒(純米大吟醸・ひやおろし):万大醸造[静岡県伊豆市]

 韮山にお住まいの方からのいただきもの。伊豆のお酒なんてあまり聞かないが、なかなかのものだ。大吟醸は50%以上米を研ぐので雑味が少ないぶん表面のアミノ酸などが醸す米本来の甘みなどの複雑な機微がなくなりがちなのだが、わりとしっかり味がのっている。ひやおろしで半年寝かせているためかもしれない。変にすましていない、地に足の着いたいい酒だ。Tさんに感謝。

②ささいち(純米吟醸・無濾過生原酒):笹一酒造[山梨県大月市]

 よく行く酒屋で勧められて購入。笹一は正直いい印象がなかった。国道20号の笹子を通るたびに目につく酒蔵で、観光バスも乗り付けるようなところだから、日本酒は製造規模があまりに大きくなると安定していいものは造れないという法則に照らしても、ちょっと期待はもてないし、じっさい何かの折に口にしたときにはふつうのお酒だった気もする。

だが、試飲させてもらってびっくりした。店主も言っていたが、「やればできるじゃん」。麹の香りもそこそこあって、マスカットのような甘みもある。聞けば、多摩の酒屋がこういう酒を造ってくれと注文して特別につくったのが始まりらしい。よって、限定醸造。だから味も保てるわけだが、作り手に十分な技もあるということだ。ぜひこれからもがんばってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

一白水成

円高やらサブプライムやらで株がとんでもないことになっている。自分のポートフォリオもぐだぐだだ。とりあえず今残しているのは比較的配当の高いものばかりなので、利率の高い貯金だと思ってしばらく静観するしかないか。米国は景気後退に入ったようだし、3,4月は底を狙いに行くと思っていたが、残念ながらほんとにそうなる気配が出てきた。今月は配当狙いでまだ下げ渋るかもしれないが、権利確定後はたがが外れる可能性も高い。やれやれだ。ここで書いても何もいいことがないので、もう株の話はやめるか。

秋田の福禄寿酒造というところが造った「一白水成」という酒を飲んだ。純米吟醸無濾過の原酒だが、4合瓶で1500円しなかったと思う。結構お得だ。味もなかなか。キレのある辛口だが、直球型でやや深みに欠ける。これに、麹の香りが立つとか、果実様の甘みを残すとかが加われば僕のスイートスポットを突いたお酒になるだろう。でも十分満足。原酒なのに16~17度というのは意外に低くて不思議な気もしたが、加水せずにこのぐらいのもあるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

きのこ | 日記・コラム・つぶやき | 物書き |