« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

きのことハンドベルと本

春の幸豊作は続いています。

公園をちょっと歩くだけで、なぜかアオキの根もとにアミガサがあったり、

120424_162829 120424_163103

遊歩道を仕切る木片にキクラゲが生えていたり。

120424_171004

それでアミガサのトロロ蕎麦(うずら卵つき)やら、

120424_194144

正月にソフトバンクの店でもらったお父さん犬のカップ麺にキクラゲをのせたり。

120426_135656 120426_140823

でも、ここらできのこの話題ばかりじゃなく、別の話題も。連休初日、生徒のTさんが所属されているハンドベル演奏グループのコンサートに招待されたので、こんな駅まで行ってきました。

120428_172638

なんか999の車掌さんが一日警察署長みたいなことになっていますね。それはともかく、素晴らしい演奏でした。以前年末に近所の駅前でクリスマスのイベントでいらしたときにも聴きましたが、ホールで聴くとまた一段と感動します。練習はひとりじゃできないから、8人ぐらいの全員が揃う日に丸一日缶詰になってやるとか。いやもう、翻訳の仕事しながらそんなことまでできちゃうTさんには頭が下がります。聴き終えたあとは、同じく聴きにいらしていたほかの生徒さんがたと近くでお茶しながら感想やら雑談やら。のどかなGWの過ごし方で、大変楽しゅうございました。

最後になってしまいましたが、最近いただいた本も紹介しておきます。

まずは、師匠のお弟子仲間であるKさんから。

なんと著者のひとりに今自分も手がけているウィルソンの名前が。それだけにただの生態図鑑ではなく、社会生物学的観点からしっかりした議論もしているらしい。ちなみにハキリアリはきのこを育てる農業をしているそうだよ。すごいね。

そしてもう一冊は、師匠から。

『赤を見る』のハンフリーによる最新作。意識を追求する議論は本当に難解で、内容的にも相当大変な気がするけど、心理学は先生のご専門だし、まさに著者と翻訳者の幸せな出会いだと思います。『脳のなかの幽霊』のラマチャンドランをして「解決不可能とされる問題に、これまでで最も優れた答えを出した」と言わしめたハンフリーの集大成。中身が気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月25日 (水)

春の幸を楽しむ会

例年通り、表題の会を日曜に開催したのだが、今年はツイッターのきのこクラスタの方々も加わり、総勢十数名と大盛況。レンタカーの手配やらいつもの飲み屋の予約やらが必要であたふたし、当日は大雨の予報だったものの、たいした雨にはならず無事に終了してよかった。フィールドはほぼ前日に自分で偵察したエリアで大豊作。大人数でも十分な量がとれて満足していただけたんじゃないかな。

ハルシメジ~↓

120422_135930 120422_141457 120422_143754

アミガサタケ~↓

120422_142418 120422_154026 120422_172107

その他、食えないきのこ~(まとめすぎだろ!)↓

120422_141027 120422_165015

山菜に詳しいかたもいらして、いろいろ教えてもらいました。これは来る途中に別の場所で採ったというのをいただいたイタドリとカンゾウ。

120423_021233

Fさんが運転したレンタカーを返し、僕の車を家へ戻してから、先に店へ行っていた参加者と合流。おいしい日本酒とうまい料理で楽しいきのこ話に花を咲かせ、あっという間のひとときだった。日曜なので人少ないよとマスターが言っていたからまた持ち込みのきのこも調理してもらおうと思っていたのだが、意外に人が入っていたので残念ながらそれはできなかったけど、たくさんの人と触れあえてよかった。

翌日、きのこの虫抜き。

120423_115556

翌晩の食事は、ツイッター仲間のTさんから前にいただいた「えのき味噌」を使って、ハルシメジとアミガサタケの豚汁。それにイタドリを皮剥いて軽くゆでてから水に1時間ほど漬けると酸味が和らいでいいと言われたので、そのとおりにして醤油でいただく。

120423_194047 120423_194137

豚汁はハルシメジの香りが独特で、イタドリも爽やかな酸味がグー。

残りのアミガサタケは干して、

120424_160706

ちょっと崩れかけたものはさらに翌日の晩、冷蔵庫に残っていた長芋と、先月常陸太田の先輩からいただいた蕎麦で、アミガサトロロ蕎麦。

120424_194144

春っていいねー。でも仕事のほうが一向に進んでいないorz がんばらないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

今年初のハルシメジ!~など

春のきのこが豊作すぎてブログに載せきれません(嬉しい悲鳴)。

仕事にならないので、駆け足で写真だけ紹介します。まずは今日、今年初めてのハルシメジを発見。2年ぶりのご対面です。うれしい。

120421_154707 120421_154754 120421_154820 120421_155317 120421_155128

また、アミガサタケも同じ場所にあり、前々日には新しいシロも発見。

120421_154512 120419_164342 120419_164537

シデの根もとにわさわさ生えていて意外だった。というわけで、あとはここ数日のメニューを一挙紹介。

トガリアミガサタケのちゃんぽん。

120419_201126

トガリアミガサタケの豚キムチ炒め。

120420_193406

アミガサタケと明日葉のおひたし(ぱらぱら見えるのは鰹節)。

120421_035139

アミガサタケのトロロ鮪丼。

120421_192947

ハルシメジと明日葉のおひたし。

120421_193000

ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

きのこの切手と、リアルのきのこと。

春のきのこが豊作で、ブログが間に合わないという嬉しい悲鳴状態です。

先週後半、新学期の講義の前に切手の博物館の『かわいいキノコ・キノコの魔法』なる展示を見てきました。大興奮でしたよ。世界にはこんなにもきのこの切手があるのかと。面白いことに、アフリカや南太平洋の国々が大多数なんですよね。欧州・ロシア・中国・韓国などもあるけれど、7~8割はそうだった感じ。なんででしょうね。ほかに名産がないからってわけじゃないよね(<失礼)。とくにギニアビサウなんて、個々のきのこの生活環までデザインに入れるという凝りようで驚いた。さらに、きのこ大国であるはずの日本はシイタケをデザインした1枚しかないというのも不思議。

最後に館内のショップできのこ切手やハガキをいくつか買いました。以下、代表を紹介。

まずはミクロネシア連邦↓

120414_015048

アンゴラ↓

120414_014749_2

アブハズ共和国↓

120414_014924

ロシアのゼムリャフランツヨシファ(諸島)↓

120414_012218

そんなのが、合わせて1800円ぐらいで買えました。後ろ三つはドル円換算なので円高だから安めになったというのもあります。

それから、土曜日には、某中学校脇の桜並木でついに今期初のイエローモレルとご対面。トガリよりあとに出てくる本家アミガサタケです。まだ小ぶりなので、これからというところ。

120414_160707 120414_161129_2

翌日はトガリもいつもの場所で収穫。背景にも写るほどよく生えているでしょ。

120415_155243

ちなみにイエローモレルとブラックモレルは割ってみてもこんなふうに違います。

120415_185615

両方茹でて、そのままオリーブオイルを垂らし、いくつかはチーズにのせてみました。

120415_190856

去年発見した食べ方ですが、新鮮なアミガサタケでやると絶品です。イエローとブラックの違いもよくわかる。イエローはサクサクして優しい味。ブラックはクニュクニュした弾力があり、ややえぐみが残る。オリーブオイルかけるだけは、イエロー向きですね。ブラックは肉詰めやシチューなどでこってりした味付けにするとえぐみが消えてうまくなる。

おまけ:今日また先日見つけた新規開拓場所で大型のブラックモレルを採取。ここのは本当に大きい。スイカより大きい!(ツイッターでこう書いたらほんとに西瓜と勘違いしてくれる人がいて楽しかったw)

120418_170725 120418_171805 120418_181828

今期はだいぶ乾燥品ができそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月10日 (火)

新規開拓

ようやく昼間はぽかぽかと春の陽気になりだしたここ二日。それでも先日の場所のトガリアミガサタケは例年に比べ小さいので、成長不足のようだ。それに新たに引き込み電線の柱を立てるなど、若干人の手が入り始めたので、別のトガリスポットを新規開拓したいと思い、気になる場所へ行ってみた。

初めはいかにも生えそうなのにアミガサは見つからず、こんなツクシばかりとっていた。

120409_155452

どんどん高台のほうまで行って、周囲を一望できるステキ景観スポットなども見つけたけれど、アミガサはないなあと諦めかけたころ、ついにそいつはこんな桜並木に姿を現した。

120409_162549 120409_162734 120409_162852

それも、よく見ると枯れ葉に隠れてわかりにくいがかなりの密度で生えている。この写真では三つ一度に撮ることができたり。

120409_163649

結構大ぶりのものも多く、24本を虫抜きする光景は壮観。

120409_181249

結構ダンゴムシがいっぱい出てきたのもご愛嬌。

で、これを縦に割って空洞に挽き肉を詰めて炒め――

120409_193113

そこまでは定番なので、ここでちょっとひと工夫。挽き肉ということで麻婆豆腐の素を使ってみた。春の彩りにアブラナも加え、付け合わせにツクシのおひたしも――

120409_195406

ウマ――ッ!! 肉詰めアミガサに麻婆の味がしみて肉汁とともに渾然一体となって口の中で歓喜のハーモニーを奏でる。脳内でベートーベンの第九が鳴り響いております^^。

残ったアミガサは乾燥中。

120410_125207

あと、先日のアミガサの残りはこれまた定番のカルボナーラになって胃袋におさまりました。

120405_192113

ついでだ、本日の晩飯はベーコン・アブラナと一緒に卵炒め。

120410_193304

例年より遅れてはいるけど、今年もトガリアミガサタケは満喫しております。

あと従来のトガリスポットでタラの芽も発見。しかしここは所有者がいそうなので採取は控えました。うまそうなのに!

120410_164958

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月 3日 (火)

ようやく春きのこに出会えた

立てつづけに記事をアップ。今度は小旅行の翌日の話。

桜の開花宣言があったので、いつものトガリアミガサタケスポットを見に行った。

120402_153237

あったよ。例年より10日ほど遅れたけど、ようやく確認。これは5センチほどだけど、あとはほとんど1センチあるかないかの赤ん坊が10本ほど。

120402_153601 120402_153927

これはそこそこ大きい。

120402_154354

で、大きめのを3本収穫。

120402_183249

晩のおかずに冷蔵庫の残り物の野菜やソーセージとバター炒めにした。120402_192621

春の先触れの味、堪能いたしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

小旅行

先週末、常陸太田の知人に来なさいと誘われて会いに行ってきた。会社員時代の先輩夫妻のところだ。去年は1月にアンコウを食べに行き、3月に震災・原発事故があった。あれが最後のアンコウになるとは思いも寄らなかった。

行きは都内で秒速二十数メートルの強風が吹き荒れた日で、湾岸高速の一部は通行止めになったが、東名・首都高・常磐で行ったので東名出口の渋滞以外はたいした問題はなかった。守谷SA手前の利根川を渡る橋の横風がどうだろうと恐れていたけど、幸い大丈夫で、水戸付近の路上になぜか座布団が落ちていた。

先輩宅に到着するなり、「自分用のお祝いに買っておいたドンペリがある」と言われてなぜかいきなり乾杯。1万1千円のお味は、飲みやすいシャンパンですねって感じで、ふつうにおいしい普段用の酒にしたいようなものだった。わが生涯において最初で最後かもしれないが、なんとも印象が薄いのがもったいない。買った先輩には申し訳ないが、先輩自身もそんな感想なので、まあしかたないよね。

120331_163313

その後、3人でイタリアンのレストランへ行って食事。前にも一度行っておいしかった店。地方の店は、おしゃれでも安くて量もたっぷりあるのがいいね。それからこんどは温泉へ行って帰宅し、改めて僕がもってきた土産の日本酒を開ける。今回の酒は山梨の「ささいち」純米吟醸無濾過生酒。この時期にしか出ないし、販売量も少ない。通年販売の笹一は正直なところどこにでもある酒なのだが、これだけは別格で、実は多摩市の某酒屋が主導して「これでこうしてこういう酒を造ってください」と依頼して特別につくってもらったものなのだ。

120401_010330

馥郁たる果実香とすっきりした甘みを味わいながら、話もはずんでいつしか深夜二時半。そこで解散して就寝。

翌日は天気もよかったので、少し近所を案内してもらった。水戸光圀ゆかりの西山公園は、桜はまだだが梅が満開。

120401_124746

だがそんななか、震災の爪跡もくっきり残る。何かのお堂の屋根瓦は落下してそこらじゅうに破片が散らばったままで、てっぺんに伸びる塔が途中で折れていた。

120401_125513

さらに国宝の佐竹寺へも行くと、こちらも入口両脇の石灯籠(?)が完全に崩壊し、建屋の軒なども一部破損していた。

120401_132224

街中の家の屋根も、まだブルーシートをかぶせただけで修理されていないものがある。道路もようやく陥没などが補修されたところらしいが、まだ余震のたびに新たな陥没ができたりするという。本当に千年に一度の地震なのだなあ。。

ほかにも前方後円墳を見たり、郷土資料館を訪れたりして、家でゆっくりしてから夕食を水戸の近くで食べてから帰ることに。渋滞を避けるためにあえて夜に帰ることにしたのだが、それが功を奏して、水戸北ICで乗るときには十数キロあった三郷の渋滞が、現地へ着く頃にはほとんどなくなり、大橋JC付近でやや渋滞にはまったものの、三時間ほどで帰宅できた。そしてなぜか帰宅後すぐに、福島浜通りで震度5の地震。まだまだ先輩たちも気が休まらないなあと思ったのだった。

ともあれ、二日間お世話になった先輩たちに感謝。

(おまけ)古墳で見たきのこと、自分用のみやげ

120401_150946 120402_014320

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »