« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月24日 (土)

春はもうすぐですか

土曜日。いつもの公園のレストランでランチを食べたら、黒人の方々がいっぱい。園内でアフリカンフェスティバルをやっているのだった。食後にそのままテーブルできのこ本のゲラを見ていると、雨があがって急に日が照りだした。フェスティバルも雨で開店休業だったのが、一気に活気を帯びてくる。ざっと回ってみたところ、アフリカの民芸品や食べ物を売っていたり、ステージでアフリカ音楽を演奏していたり。民芸品じゃないけど各種鉱物のサンプルが並べられた箱に釘付けになり、「これいくらですか?」と訊いたら残念ながら売り物じゃないと。仕方なく何も買わずにトーゴの陽気なお兄さんとお話だけしてさようなら。トーゴは象牙海岸が分かれてできた国だったんだな。

それから園内の桜スポットをひととおりめぐったけれど、当然アミガサなんてあるはずもなく、それならと桜がたくさんある隣町の尾根沿いの公園へ移動。桜はまだだけど、梅がちらほら咲いていた。根元の地面は苔むしていて、なんかきのこはないかと探すと、あちこちにお星さまが。

120324_160357 120324_160641 120324_160737

そう、英語でEarthstarと呼ばれるツチグリだ。雨上がりで腕がきれいに開ききっている。乾くと腕が巻き戻って真ん中の胞子袋を包んじゃうので、今のうちに袋をぽふぽふたたいて胞子をばらまかせておく。

別の場所にもきれいに並んでこんなのがあって、持ち上げると裏が地面とつながっていない。

120324_162529 120324_162737

つくしも出ていて、まだまだ寒い日が続いているけど春の気配。

120324_160902

あと、こんなのも見つけた。カワラタケの群生。

120324_162942

これほどきれいなのは初めて見た。おそらく芯に木の幹があるのだろうけど、見事に筒状に重生していて、まるで南米料理のそぎ落とす前のシュラスコ^^)

菜の花も美しく咲き誇り、

120324_164326

ただの生け垣にしか見えない低木が実は超希少種だったり。

120324_164434 120324_164457

いにしえの香りのする素敵な教会があったり。

120324_164934

背着生のきのこがびっしりついた枝が落ちていたり。

120324_165552

そんなゆったりした散歩を味わったちょっと優雅な一日でした。優雅だけれど、歩いた道は、実は戦時中、戦車の走行テスト用道路だったという物騒な歴史が^^)

120324_165957

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

とりあえず久々の更新

またしばらく放置してしまったので、存在証明を。

最近はきのこ本のゲラを見ているんですが、とくに何かブログに書くような出来事もないんですよね。先週末に親戚の49日の法要と父の墓へ彼岸参りをまとめてやったぐらいで。あとメガネのレンズを新調した。コーティングがはげてきたのと、悲しいことに遠視も入ってきたのとで。あとはふつうにやっております。

あ、そうそう。最近また地震も多いけど、大仕事の山を越えたところで地震対策に本棚の転倒防止治具の設置を始めたんですが、天井がぺこぺこなのでチェーンで固定するやつを買いました。で、ネジでとめだしたところ、これが思いのほか重労働で、1台分、4個所×4穴をとめたら手首がだるだるになり、またしばらく日を置いて2台目に取りかかり、まだ2個所×4穴で今日はおしまいにしています。てなわけでナマズさん、まだ動かないでね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

休日

8か月ぶりの休日を過ごしてきました。といっても近場の日帰りですけど。

まずは、ときどき行きたくなるM湖へ。ここにはかれこれ十数年前からお気に入りの丸太小屋レストランがある。昔は巨大な豆腐ステーキや和風の丼物が看板メニューだったが、近ごろは地元産の豚を使った洋風メニューを推していて、とくにポルチーニ茸をふんだんに使ったポークステーキが絶品。

120303_121322 120303_122711

きのこの形がしっかりわかるぐらい贅沢に使われていながら、ライスと味噌汁(ここは和風)がついて1350円とは破格。あんまり人に知られたくない名店です。だからここでも書かないけど、話の流れでわかる人はいそうですね。

ちなみに今日の湖は、先日の雪が残っていてこんな感じ。

120303_124920

池の鯉も凍ってしまいそう。

120303_124803

でも風がないし、気温もそれほど低くない。行楽日和です。

ひとしきり景色を楽しんだら、今度は温泉でリフレッシュしたくなりました。そこで近所にいくつかあるうち近めで値段も安く、眺めもよい温泉へ。ところが、行ってみると理由はわからないけど3/8まで休業との表示。それなら仕方ないと、そこから北上した別の温泉へ向かう。山道で雪が残っていないか心配だったけど、結局No problem。温かい湯につかって体をふやふやにしてから、湯上がりに地元産ゆずの入ったシャーベットを食す。ああ休日してるなあ。こういうの、週に一度、いや月に一度でも定常的にできたらどんなに幸せだろう。

そんな感傷に耽りながら、帰り道にいつも気になっていたキムチの店に寄る。一部では有名らしく、店主は本場韓国出身のおばさまで、きさくにいろいろ話してくれる。僕が「初めてなんですけど、おすすめはありますか?」と訊くと、白菜かキャベツかニラだけど、最初ならポピュラーな白菜はいかがと言われ、それを購入。サービスで韓国海苔もつけてくれました。

120303_174752

ここのはマイルドな辛さらしいので、700グラムもあるけどそこそこ消費できそう。ついでにおばさまに、その先の狭隘区間のある峠の雪はどうかと訊くと、除雪しているから大丈夫との返事をいただいてひと安心。

それからもう一個所、道すがらの酒蔵へも寄る。僕の愛してやまない久保田酒造です。今年の新酒、相模灘の槽場搾り生酒を、特別純米と本醸造の二種類購入。特別純米は精米歩合55%なので吟醸レベルなのだが、純米吟醸が50%と大吟醸レベルなので、あえてそう名乗っているのです。日本酒の酒蔵はときどきこういう謙遜というか控えめなところがあって、ほんとすごいなと思います。

帰宅後、さっそくキムチを豚バラ肉と炒めて夕食に。

120303_193653

うん、辛すぎず、旨味が豚の脂身とからんでとてもおいしい。相模灘との相性も抜群でした。そんな、久しぶりに人並みな休日を過ごせた土曜日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

生き延びました

ほぼひと月ぶりのブログ更新です。生きております。

先の日曜に650ページのきのこ本を無事訳了しました。12月の初旬は別の仕事と並行作業だったので、実質12月中旬から100%の時間を当てて、2か月半でなんとか仕上げました。もちろん今回はすべて下訳があっての作業でしたが、今年に入ってからは朝6~7時就寝、11~12時起床のリズムをほぼ欠かさず継続し、食後の眠気はバジル茶(通称バ汁)で退散、それでもだめなら多雨林1000mg配合の血帯びたドリンクでドーピングという荒技で乗り切りました。もう二度とこんな仕事のしかたはしない。きのこの本だから無理して引き受けてしまったわけで。

そんなわけで、日曜の晩は、昨年収穫して冷凍庫に保存していた天然のナラタケとヒラタケを贅沢に使ってのきのこ汁。また、ふだんはビンチョウマグロで我慢するところを、キハダマグロに昇格させ、この日のために買っておいた奈良の名酒「百楽門」の純米大吟醸を開ける。

120226_215650 120226_222050 120226_222416

至福であります。震災の影響で仕事の遅れがしわ寄せになり、この日までに休んだのは6月に信州へドライブに行った2日だけ。秋の南木曾でのきのこ狩りも泣く泣く我慢して耐えに耐えたこの1年。ゲラのスケジュールがぎりぎりしのげるように絶妙なタイミングで配置されたのも、神のご加護か。

このあとも1月から五月雨式に納品した原稿の初校ゲラがすぐにやってきて、タイトなスケジュールで見ないといけないうえ、N社の初校ゲラもそろそろ出てくるという状況。とはいえ、きのこ本のゲラは今週末からのようなので、とりあえず数日は平穏な日々を送れる。ただ完全に休むわけにはいかなくて、この隙を突いて確定申告をしなければならない。恐ろしいことに、この1年仕事が忙しすぎて申告用ソフトに1行たりとも記入していないのでした。それでも必死になって、乱暴にポリ袋に突っ込んでおいたレシート類の整理を始め、3日3晩かけて仕上げ、今日提出してきました。ふう。

あとはずっと放置していた部屋の整理をしよう。あまりにもカオスになって、経費のレシートが1枚見つからず、断念したほどなので、まずは机と床が見えるようにして、衝動買いした『大人の科学マガジンVol.33(卓上ロボット掃除機) (学研ムック 大人の科学マガジンシリーズ)』の卓上ルンバを使ってみたい。だが整理も1日や2日で終わるか怪しいところです。

そういえば、昨日は数年ぶりの大雪でしたね。わが町は新聞発表によれば積雪23センチとのこと。今日晴れたので路面の雪はあらかた解けましたが、昨日大家さんたちと雪かき したおかげでもあるかもしれません。わが愛車の上はこんなにてんこ盛りでした。

120229_162833 120229_162851000

下ろした雪と路面の雪で翌日には子ども用のかまくらが3基できていました。

あ、それと最後に、しばらく前にいただいていた本の紹介を。

訳者のYさんからいただきました。ありがとうございます。サイバーパンクならぬバイオパンク。破天荒ながら最先端の道を歩む科学者たちのオンパレードみたいで、面白そうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »