« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月29日 (土)

ナラタケ大

実は火曜日あたりから扁桃腺炎に罹ってしまい、掲載が遅れてしまったのだけど、あのナラタケがとれた翌日月曜にもう一度行ってみたらさらにどでかく成長していたので採ってきたのだった。

111024_165728 111024_165757 111024_165825 111024_170413

そんなわけで、その日は巨大ないくつかを使ってクリームパスタに。

残りは塩ゆでしてつゆごと冷凍。

翌日はカップうどんに入れてみたけど、なんかそれだけで幸福感アップするよね。

というわけでヒットアンドアウェイ。まだ扁桃腺が(痛みはないけど)腫れたままだし、鼻水もでてかぜっぽさもあるのでゆっくり休みたいが、事情がそうはさせず、困ったものだ。一番強い抗生剤と痛み止めを出されたのだけど、残り1日分しかない。むうう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

ヒラタケとナラタケ

またまたご無沙汰しております。状況は察してください。

とりあえず、先日近所のD公園で見つけたヒラタケと、今日もっと近所のF公園で見つけたナラタケを紹介しておきたく。

まずはD公園のヒラタケ。真っ黒になったコナラかクヌギの切り株からわんさか生えていたのですが、すでに食い頃を過ぎてぐちゃぐちゃ。おまけにけしからん輩が傘のくぼみにタバコを突き刺してやがりました。

111022_162400 111022_162534 111022_162457

そして今日のナラタケ。まずは一部の遠景。たぶんこれで全体の1/4ぐらい。驚くべきは、これがだれでも散歩する遊歩道の縁石付近に生えていることだ。だれもナラタケと気づいていないのだろうか。

111023_154859

株のひとつをアップで。

111023_154839

収穫。

111023_160115

洗って塩水に浸けたところ。雨のあとで傘にやたら泥がついていて、大変だった。キッチンが僕の身長には低すぎて、腰が痛い……。でも、アイロンは嫌でもきのこの下ごしらえは苦にならないのだ。

111023_181145

今日は豚バラともやしとニンジン、ネギと一緒にバター炒め。残りの収穫物は塩ゆでにしたものを冷凍するか。

111023_201323

1キロ圏内できのこが採れたうれしさのあまり、1杯だけいただく(このあとまだ仕事するので)。

111023_201911

るみ子の酒は、探偵ナイトスクープのためか爆発する酒だと思っている人が多いが、もちろんふつうのお酒もある。爆発するのは生酒で瓶詰めしたあとも発酵がすすむようにして、なおかつキャップを密閉式にしてしまっているものだ。ともあれ、こちらも生の無濾過なので、キレがあって旨し。

戦士の一時の休息は終わった。さてまた戦場へ向かう。アルファベットの飛び交う戦場へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

なんとなく更新

せっせ。せっせ。(仕事をしている音)

というわけで相変わらず仕事に追われる生活を送っています。そんなおり、今朝はビッグニュースが舞い込んできましたね。スティーヴ・ジョブズ死去。アップルの代表を退いた時点で長くはないことはだれもが察していたと思いますが、それでもショックは大きいようで、ひとつの時代が終わったかのよう。正直、マックのPCも、アイフォンも、アイパッドも、アイポッドも使ったことのない私にはショックとまでは感じられないのですが、彼が仕掛けたヒューマンインターフェイスの革命は本当にすごいと思います。向きを変えると勝手に画面も回転したり、画面上で指をうにゅーって開くと画像が拡大したりするのなんて、いまだにSFアニメの世界みたいに感じます。ジョブズは未来からやってきたタイムトラベラーなのかもしれません。彼は2代先まで自分の後継者を育ててあるという話ですから、この先もアップルは革命を続けていけるのかな。

そんなビッグニュースのほかに、とても個人的な小さなニュースですが、経産省だったかがやっている節電チャレンジの賞品が当たりました。7月分の電気代が前年比15%以上削減できたとのことで申し込んだぶんですが、第三希望まで書けるようになっていて、当たったのはその第三希望の「水」。520ml×24本セットで、まあ非常用とか水割り用とかに活用させてもらいます。

ま、そんな感じかな。ノーベル賞なんかの話題はブログではとりあえずスルー。きのこも最近はまるっきり見当たらず、キヌガサタケかスッポンタケかの幼菌らしき卵は、自宅に持ち帰ったものはやはりだめで、現地に残っているのはいまだに芽が出ず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »