« 孵化は失敗? | トップページ | ついに、あれを試すときが…… »

2011年8月28日 (日)

雨後のキノコ

金曜は、午後にとんでもないどしゃ降りがあった。ちょうど講義の日なので駅前の床屋に寄って行こうと思い、家を出るころは遠雷こそすれ、まだ降っていなかった。それが5分ほどしてぽつぽつ降りはじめ、傘をさしたら次第に雨脚が強くなり、面白いことに10メートルほど先に雨脚の境界が見えるようなのを何度も経験。ぽつぽつ降りと大粒のザーザー降りが目の前で区切られているのだから、変なものだ。しかも雷もどんどこ落ちているものだから、こわいこわい。やがて駅前に着くころにはバケツをひっくり返したような雨になり、ズボンはびしょびしょ。傘をさしているのに湿気と汗でシャツもぐしょぐしょになった。そんな状態で入った床屋さんには申し訳ないけど、せっかくそのために早出したので髪を切ってもらう。

あとで知ったのだが、その日この地域では時間雨量95ミリという観測史上最大を記録していたらしい。電車が止まったりバスが水没したりした都心でも50~80ミリだったというから、実はとんでもなかったのね。それでもこちらで被害は聞いていないから、台地の強みなんだろうか。

今期最終の講義を無事終えて、あとで生徒のTさんふたり(どっちもイニシャルがTなので^^)から、もうひとりの元生徒のKさんとの共訳書ができたとのことでいただいた。

脳をコンピュータにたとえるという話はよく聞くが(そして、実は今では多少古くて、脳はミニ脳が網状につながりあったインターネットのようなものと言われているが)、単細胞生物やタンパク質もコンピュータのような計算ができるのだという。そんな興味深い話を書いたデニス・ブレイという人が、実は『細胞の分子生物学』などのテキストにも著者として名を連ねていると「訳者あとがき」で知って驚いた。そりゃ内容の信憑性は高いし、きっと説明もうまいと思うよ。面白そうな本をどうもありがとうございました。

ちなみにこのタイトル、どこかで聞いたことあるよなと思ったら、ルーディ・ラッカーのSFにも同題の本があった。かれこれ20年前の本だが、SFの先進性というべきか。

土曜は雨もあがったので、ノマドワークがてら公園のきのこ見物。と、家を出ていきなり下の庭にマンネンタケが! まだ若いが、桃の木の根元に生えていた。いわゆる霊芝として漢方薬になるやつです。

110827_134412

公園はやはり、雨後のタケノコならぬ雨後のキノコ状態。

ハラタケ科のなにかがこんなことに。

110827_155111110827_155149

ハリガネオチバタケも落下傘部隊の大量降下のよう。

110827_155356

蝉の脱け殻も大量に散らばっているので、思わずお絵かき。

ケクレは夢のなかで6匹の猿がしっぽをつかんで円を描いているシーンが出てきてベンゼン環を思いついたという(ほんとかどうかわからない)逸話があるけれど、それを蝉の脱け殻でやるとこうなります。

110827_160016

それに1個メチル基がついて、トルエン。

110827_160047

さらにメチル基が2個になって、つく位置によってオルトorメタorパラキシレン。

110827_160115 110827_160102 110827_160129_2

ええい、いっそこれでどうだ、とトリニトロトルエン! いわゆるTNT爆薬です。

110827_161123

遊びすぎましたorz

|

« 孵化は失敗? | トップページ | ついに、あれを試すときが…… »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/52591525

この記事へのトラックバック一覧です: 雨後のキノコ:

« 孵化は失敗? | トップページ | ついに、あれを試すときが…… »