« 訳書『ミトコンドリアが進化を決めた』修正個所を公開 | トップページ | 超不作ではあれど、満足 »

2011年4月 5日 (火)

アミガサタケのさらなる可能性

昨日は純和風食材として利用したアミガサタケだが、今日は同じマグロを使いながらジャンクなうまさを追求してみることにした。名づけて、きのこと青物野菜のツナフレーク丼。

110404_191623

きのこはエリンギもこっそり加え、レタスとアスパラのほか、わかめも使用。これにツナときたら、やはりかけるのはサウザンアイランドドレッシング。ドレッシングとツナの油がアミガサタケにも合う。結構いけるよ。

あ、昨日もそうだが、どんぶりがラーメン用なのは気にしないでほしい。

|

« 訳書『ミトコンドリアが進化を決めた』修正個所を公開 | トップページ | 超不作ではあれど、満足 »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

このアミガサの使い方は以外。
レパートリー増やしてますなあ。
うらやましいですね。
結構、旨そうですね。
和風系もいけるのか。

投稿: ふく | 2011年4月18日 (月) 01時25分

ふくさん、先日持ち帰られたアミガサでぜひお試しあれ。結構いけまっせ。野菜がなければシーチキンとマヨネーズだけでもB級グルメ程度にはなりそう。

投稿: むらさきしめじ | 2011年4月18日 (月) 11時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/51304748

この記事へのトラックバック一覧です: アミガサタケのさらなる可能性:

« 訳書『ミトコンドリアが進化を決めた』修正個所を公開 | トップページ | 超不作ではあれど、満足 »