« 超不作ではあれど、満足 | トップページ | ビンラディンの死に対する日米の反応について »

2011年4月23日 (土)

アンコウへの哀歌と、アミガサタケの超簡単レシピ

今日、常陸太田の知人からのメールで大洗のアンコウの店が津波で流されたと知ってショックを受けた。えええ、震災後に知人と連絡がついたときは、店の人は無事だったみたいって聞いていたのに。。もうあの味、口にできなくなってしまったんだろうか。ほかにない味噌仕立ての鍋は最高だったのに。ううう。ちなみに今年1月に行ったときの記事はこれ↓

http://sake-kinoko-monokaki.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-b1f2.html

今年は3月に忙しくなりそうだからと珍しく1月に行ったのだが、まさかそれが食べ納めになろうとは……。

それと、話は違うが、ツイッターできのこライターの堀博美さんに僕が見つけたアミガサタケの食べ方をご紹介したところ、大好評をいただいてしまったので、調子に乗って(笑)ここに公表してしまおう。

といっても、調理法は至って簡単♪ ゆでたアミガサタケにオリーブオイルを垂らすだけ。たったこれだけなのに、口に入れたとたんオリーブオイルの香りが一気に広がって、近所の公園でとったアミガサタケが高級食材へと昇華する。寝酒にワインを飲んでいて、手軽にできるつまみはないかと考えて思いついたメニューだ。ぜひお試しあれ。堀さんは刻んでフランスパンにのせたとおっしゃっていたが、それもまたオツですね。

あと、ゆでたアミガサタケを縦に割って空洞部にクリームチーズを詰めてもこれまたワインにぴったりだよ! 乳製品との相性はもともと抜群だから、空洞を生かす手としてこれまで思いつかなかったのが不思議だ。

|

« 超不作ではあれど、満足 | トップページ | ビンラディンの死に対する日米の反応について »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/51472306

この記事へのトラックバック一覧です: アンコウへの哀歌と、アミガサタケの超簡単レシピ:

« 超不作ではあれど、満足 | トップページ | ビンラディンの死に対する日米の反応について »