« 合掌 | トップページ | さらに収穫 »

2011年3月27日 (日)

春の足音

暗いニュースがつづくなか、ひさびさに明るいニュースを。

今年初めてのトガリアミガサタケ発見!

110326_151646

中型菌だが、ほかにもポコポコ出ていて、こんな可愛い幼菌から

110326_151749

すでに塔の立ったものまで

110326_152646

なかにはこんな微小菌まで

110326_152750

合わせて15以上、いや微小菌入れたら数十はあるんじゃなかろうか。場所は去年もこの時期に確認した神社の境内。通称ドコモダケポイントだ。(参照→ http://sake-kinoko-monokaki.cocolog-nifty.com/blog/2009/04/post-d4ae.html

それにつけても、塀に沿ったこんな生え方を見ると、やはりアミガサタケはアルカリ土壌を好むという説の信憑性も高く思える。

110326_152716

そんなわけだが、とりあえず3本だけ収穫。放射能による土壌汚染のため、ただちに健康に被害を及ぼさない許容量として、自己責任のもと食すことにする。しかも念のため、今回は下ごしらえとして一度ゆでこぼしてみた。これでかなりの放射性物質が失われるらしい。調理は明日葉や白菜、白ネギ、ピーマン、ブナシメジの残りとともに基本のバター炒めで。彩りが寂しいので、ミディアムサイズのミニトマトも添えてみました。

110326_191529

素直にうまい。まったく裏切られない、いつものアミガサタケのうまさだ。あまりにうまいので、そのあと仕事をするつもりなのに、福島は喜多方の銘酒「星自慢」を飲んでしまう。いいんだ、今大変な福島を応援するんだと自分に言い聞かせつつ。天然もののアミガサタケがいつまでこうして食べられるのだろうか、などという不安を抱えることになるとは、まさか去年までの収穫時には考えてもいなかった。いかんいかん、また暗いほうへ思考が傾いている。

|

« 合掌 | トップページ | さらに収穫 »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

ようやく出ましたね!
暗い話ばかり続いた中でも春は確実にやってきているのですね。
私もそろそろ探してみることにします。
ただ、私の手持ちのシロでは、トガリはあまりでないんですよね。1~2週間待って本家アミガサを探そうかな。

投稿: ふく | 2011年3月27日 (日) 04時38分

都心にはトガリのシロはあまりないのですか。
でもぜひあちこち仕事で行ったときなどお探しくだされ。早いほうが蓄積した放射性物質は少ないと思うし(笑)

投稿: むらさきしめじ | 2011年3月27日 (日) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/51225709

この記事へのトラックバック一覧です: 春の足音:

« 合掌 | トップページ | さらに収穫 »