« 世の中があまりにも大きく変わってしまった | トップページ | 合掌 »

2011年3月19日 (土)

ぼんやり思うこと

根拠はないが、この震災が、日本人の意識改革に大きな役目を果たすことになりそうな予感もする。

良いか悪いかはともかく、個人主義から日本古来の集団主義への回帰の流れがいささかでも生じる転換点になる気がするのだ。それは、被災者救済や生活物資の不足による助け合いや和の精神の高まり(を社会が強制する風潮も含む)のみならず、プライバシー保護についてもすでに解消の流れが始まっているようにも思える。じっさい、これまではテレビの映像から通行人の顔や自動車のナンバープレートまでぼかされていたが、今では安否の伝達という現実的な対応から、報道やネットで個人名や顔が隠されることはほぼなくなった。実名公開原則のフェイスブックの広まりも、すでにひと役買っていたかもしれないが。この先どうなるかはまだわからないが、ひとつの転機となるのではないかと考えている。

行きすぎた個人主義によるクレーマーやモンスターペアレントなども減るだろう。ただ、大衆同士の監視の目が厳しくなり過ぎると、窮屈で危険な全体主義へと移行もしかねない。さすがにそれは極端な想像のようにも思うが。

相変わらず、まとまりのない思いを不完全なまま垂れ流してしまったので、なんかとんちんかんなことを言っているかもしれない。でも混乱した状況にある自分自身の正直な姿として記録しておこう。

|

« 世の中があまりにも大きく変わってしまった | トップページ | 合掌 »

物書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/51160977

この記事へのトラックバック一覧です: ぼんやり思うこと:

« 世の中があまりにも大きく変わってしまった | トップページ | 合掌 »