« 訳書の修正個所を公開しました | トップページ | 世の中があまりにも大きく変わってしまった »

2011年3月11日 (金)

生存証明です

震度5でしたが、とりあえず無事です。ノートPCにソフトカバーの辞書が落下してキーがふたつ飛んだり、本棚の棚がひとつ崩れたり、本や資料で仕事部屋の床が埋めつくされましたが、人的被害はありません。この場を借りてご連絡。

東北では地震と津波で大変なことになっているようですが、現地の方々のご無事を祈るばかりです。仙台の友人も心配だ。

今日は授業の週ではなかったけれど、都心から多くの人が帰宅できずにいる。はからずも帰宅難民発生時の予行演習となってしまった感さえあるが、せめて今後の都心震災時に生かせますように。

母とも夜になってようやく連絡がついたので、明日の墓参りは中止にした。仕事が手に付かなかったが、風呂に水をためたし、もうあとは地震にかんしては自分にはどうしようもないことだから、やるか。

(追記) だめだ、気仙沼の映像を見てしまったら、もう胸が苦しくて仕事できない。

|

« 訳書の修正個所を公開しました | トップページ | 世の中があまりにも大きく変わってしまった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/51094091

この記事へのトラックバック一覧です: 生存証明です:

« 訳書の修正個所を公開しました | トップページ | 世の中があまりにも大きく変わってしまった »