« ハンドベルってすごい! | トップページ | 雑文 »

2010年12月13日 (月)

Good News and Bad News

日曜日、某インスタント食品会社から株主優待が届く。相変わらずどでかいケースに子どものおもちゃ箱のように詰め込まれている。半年でこれだけくれるのはうれしいね。しかも配当は別にもらえるし。今回は食品とカレンダーのほか、社長の著書とキャラクターグッズも入っていた。著書はまあそんなにうれしくはないが、グッズは「はしるひよこちゃん」といってかわいらしい。

101212_202326

土台の卵の殻に車輪がついていて、マグネットで付いている上のひよこをはずして車輪を逆回しにするとネジが巻かれ、再びひよこを差し込むとテーブルなどの上を勢いよく走る。

101213_183845

まさに「チキンレース」です。

それと、先日Nさんからお歳暮でいただいた山形牛を、どうしても食べたいとわざわざやってきた母とすきやきにして食べた。いやもう、手で千切れるようなやわらかさで脂ものっていて至福。Nさん、いつも本当にありがとうございます。

ここまではgood news。しかし、一方で愛車のヤマト号についてのbad newsが。1週間ほど前から、運転中にチョロチョロと水が流れるような音がしだしていた。去年のラジエータ破裂の惨事の経験から、これはどうも冷却水の不足が原因と察しが付いた。ボンネットをあけてみると、やはりタンクにほとんど残っていない。オートバックスに行って、補充液を購入して適正レベルの上限ラインまで加えたのだが、なんと翌日にはもう3分の1ほど減っていた。これは明らかに漏れている。よくみると、ボンネット底部の一部に濡れたあとが。

そこで今日、朝に母を駅まで送ってから、その足でドック(ディーラーです)に駆け込む。いつもお世話になっている技師長(いや営業の人です)に話すと、冷却液は室内も巡っているから、そこで漏れていると修理費用は10万円以上になると言われる。そ、それは避けたい。11万光年走っている旧式艦とはいえ、それだけ費用をかけるとなると買い換えの文字もちらついてしまうのは事実。だが金はない。ううう、と悩みつつも、まずは診断を依頼して帰宅。夕方に技師長より連絡があり、波動エンジン冷却系のホースが破損していただけで、工賃込みで2万6千円ほどで済むとのこと。比較的軽微で助かった。ありがとう、技師長。ヤマトはまだ大切に乗るよ。

|

« ハンドベルってすごい! | トップページ | 雑文 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/50292520

この記事へのトラックバック一覧です: Good News and Bad News:

« ハンドベルってすごい! | トップページ | 雑文 »