« 真偽の境目はかようにあいまいなものなのです | トップページ | きのこきのこさんまきのこ鮭きのこきのこ酒酒きのこ »

2010年10月 8日 (金)

タマゴタケ成長観察第2弾

お約束の観察結果を公表します。観察期間は10/4から10/7まで(+α)。明日からのきのこ狩りに備えて忙しいので、手っ取り早く写真を並べますね。

10月4日17時55分44秒: 採取して持ち帰ったところ。ひとつはすでに顔が出ているけど、もうひとつはまだ完全に卵の状態。

101004_175544

10月4日21時59分39秒: 卵はそのまま。顔出てるほうは首も伸びてきた。

101004_215939

10月5日3時40分33秒: 寝る前。不健全な時間ですね。首がもう少し伸びた。

101005_034033

10月5日12時53分46秒: 位置関係を逆にしましたが、首がいっそう伸びて模様がきれいに浮き出ています。傘のつやも生き生きしていますね。

101005_125346

10月5日15時45分00秒: 位置関係戻しましたが、なんと先ほどから3時間のうちに、卵に割れ目ができて、赤い傘がちろりと見えています。首が伸びたほうは態勢が安定しなくなったので、ジャムの瓶を支えに投入。

101005_154500

10月5日18時35分01秒: 首が伸びたほうはもう伸びきった様子。卵は割れ目が広がって赤い傘が出てきています。

101005_183501

10月5日23時40分51秒: 両方支えるために場所をずらしました。卵のほうはさらに顔が出ています。

101005_234051

10月6日03時31分21秒: 連日寝る時間が変わりません。卵のほうに首が見えてきました。

101006_033121

10月6日12時02分23秒: あれ?この8時間半のあいだに、成長が逆転してる!卵だったほうが、いきなり傘を開いて立派な成菌になり、もう片方を追い越してしまいました。もう片方は初めはリードしていたのに、首が伸びたあとは傘が開きません。

101006_120223

10月6日20時55分38秒: 支えをなおしたのですが、右側のが首がすわっていません。

101006_205538

10月7日12時27分50秒: あれれ、右側のは傘がしなびてきちゃったよ。両者とも成長が止まってしまったみたい。

101007_122750

というわけで、ここで成長観察は打ち切って、乾燥保存の試験に突入。乾燥タマゴタケはまだ食べたことがないので、これを機会にできるかどうかやってみることにしたのだ。

そのまま新聞紙に広げて、ベランダで天日干し。

101007_134340

約30時間後: 途中、風で飛ばされたときに片方の首がもげてしまった。もげてないほうはほぼ乾いたが、もげたほうは傘の内側の奥と、柄のツボがまだ湿っている。ツボは取り除いておいたほうがよかったかな。でも香りはあのアミガサタケを乾燥させたときと同じにおいがする。

101008_180103

というわけで、卵から成菌、そして乾燥品作成まで、一連の過程を観察してみました。

この乾燥品と、Sさんからいただいた椎茸キットからできた椎茸に加え、今日例のスポットに生えていたタマゴタケの残党を、明日からのきのこ狩りへもっていきます。これできのこが不作でも十分きのこを食べられる(なんと消極的な動機)。

今日の生え具合。

101008_155925

収穫。ノウタケも1個。

101008_175539

これでも来年のことを考えてだいぶ残してきました。では、連休は信州へ仲間ときのこ狩りに行ってきます。でも仕事もがっつりもっていき、できるかぎりやりたいと思っています。ううう。

|

« 真偽の境目はかようにあいまいなものなのです | トップページ | きのこきのこさんまきのこ鮭きのこきのこ酒酒きのこ »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/49684421

この記事へのトラックバック一覧です: タマゴタケ成長観察第2弾:

« 真偽の境目はかようにあいまいなものなのです | トップページ | きのこきのこさんまきのこ鮭きのこきのこ酒酒きのこ »