« ground zeroという言葉の重み | トップページ | 知人の個展を見に行く »

2010年9月21日 (火)

ノウタケにも性格の違いがある

昼間はまだ暑いですが、もう赤とんぼの季節です。子どものころは広場を集団で飛びまわっていたものですが、今ではなぜかあまり見かけなくなりましたね。

100917_160414

三連休もみっちり仕事をして、なんとか来月きのこ狩りに行けるよう、必死にがんばっています。そんななか、昼食がてら仕事をしたF公園で、またノウタケを見つけました。最初に見つけたのは、大きくメの字の切れ込みの入ったやくざなノウタケ。そばに子分も従えています。

100920_140001

お次は、裸電球のようにつるりと端正な姿のノウタケ。

100920_140404

どちらも小ぶりなもので、やくざさんのほうは根元近くが軟化しだしていたので、電球さんのほうだけ持ち帰りました。晩ご飯は、これにもやしとナスとマイタケ(購入品)とミニトマトとウインナーとニンニクの芽を混ぜてバター炒めにしました。スポンジにバターがしみて、甘みが出ておいしかったです。

100920_191353

なんか珍しく「ですます」調で通してしまったら、ちょっとおっとりしてしまいました。

|

« ground zeroという言葉の重み | トップページ | 知人の個展を見に行く »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

こんなきれいに十字の切れ込みが入ったキノコ、初めて見ました! お鍋に入れるしいたけみたいですね。炒め物もおいしそうです。
お仕事も頑張ってください!punch

投稿: yukivani | 2010年9月23日 (木) 10時39分

yukivaniさん、ありがとうございます。
ノウタケは成熟すると表面が割れて中の胞子が飛び出すのですが、若いうちにこんなにきれいに切れ込みが入ってるのは初めて見ました。中身の成長にお肌が追いつかなかったのでしょうか(自分のお腹を見つめながらドキリ)。

yukivaniさんもあれこれ本格的な趣味でお忙しいなかお仕事もされ、大変でしょう。お互い頑張りましょう。

投稿: むらさきしめじ | 2010年9月23日 (木) 13時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/49512367

この記事へのトラックバック一覧です: ノウタケにも性格の違いがある:

« ground zeroという言葉の重み | トップページ | 知人の個展を見に行く »