« カプセル落下も確認されたようで、本当にGJです。 | トップページ | ホリデー週間、終了。 »

2010年6月17日 (木)

半年ぶりのバケーション

梅雨の晴れ間を見事に突いて、休暇に行ってきました。

何はともあれ、温泉で心と体をふにゃふにゃにしたいということで、前々から行ってみようと思っていた「ほったらかし温泉」へ。山梨市の駅から笛吹川フルーツパークを抜けた奥にある、雄大な眺望で有名な温泉。残念ながら富士山は雲の中だったが、眺望はこのとおり(これは笛吹川フルーツパークからの眺望)。

100616_151802

平日の温泉はさすがに人も少なく、ゆっくりまったりと湯船にたゆたう。土日も仕事を休めぬ日々をうらめしく思っていたが、休もうと思えば平日にこんな贅沢ができるメリットもあるのだ。

そのあとは甲府のビジネスホテルに宿をとっていたのだが、時間があるので勝沼へ戻ってぶどうの丘へ。今回のワインは、フジッコワイナリーの甲州ぶどう使用による無濾過の白ワイン「クラノオト」と、ダイヤモンド酒造の(ブドウ品種忘れた)シャンテワイン赤。

それから宿へ車を放り込むと、ネットで調べてよさげだった「十四番目の月」なる店へ飲みに出かける。ここが大当たりで、酒よし、つまみよし、そして雰囲気もこぢんまりしたバーのようでありながら居心地がいい。日本酒はせっかくなので地酒の春鶯囀(純米)と武の井(純米吟醸)を選択。前者はいつもどおりのどごし滑らかな落ち着いた美酒。後者は初めてのチャレンジで、北杜市の地酒。吟醸でありながらやや琥珀色を帯びたそれは一見古酒めいたえぐみを想像させたが、飲んでみると意外にフルーティな爽やか系。逆に透明な春鶯囀のほうがほどよい雑味を漂わせる。つまみは、シイラのなめろう、地鶏の西京味噌焼き、三種の鮮魚のサラダ、湯葉豆腐。

宿へ戻ってパソコンを開き、ネットも使えるからと新規の仕事を始めたものの、案の定(?)たいして進みもせず、1時すぎにはあきらめて就寝。翌朝なぜか6時に起きてしまい、ふだんなら決してしない朝の散歩。甲府に鶴舞城なんてあったのを初めて知ったが、城壁がなかなかに見ごたえがあり。のぼると遠く富士山や万年雪を頂く南アルプスも望める(NTTの塔などが邪魔だが)。

100617_062420 100617_064412

朝食後、ちょっとうだうだしてから10時ぎりぎりにチェックアウトし、今日も暑いとのことなので(前日は甲府でも30度だった)、学生時代によく行っていた乙女高原へ向かう。ただし、塩平から焼山峠までは現在通行止めとのことなので、久しぶりに杣口林道経由のルート。のぼりきった柳平には、最近できたばかりのダム湖、乙女湖が。小ぶりだが美しい湖だ。

100617_113134100617_114313 

ダム建設にともない移築された金峰泉(鉱泉宿)もほとりに建つ。ダム堤体の建屋の軒先には、ツバメがいくつも巣を作っていた。堤体脇の眺めのいい東屋で、麓で買ったコンビニ弁当をほおばる。辺り一帯に蛙の大合唱のような大音声が響きわたっているので、正体は何だろうかと思っていると、すぐ近くの白樺に透き通った羽をもつ小ぶりのセミが大音声の一翼を担っていた。

100617_115650

続いて、焼山峠経由で乙女高原へ。焼山峠付近からすでにヤマツツジが満開だ。そして10年振りぐらいに再訪した乙女高原。変わっていない。ただ、この時期に訪れるのは初めてかもしれない。星を見に来ていたのは、7、8月や3月が多かったので、満開のツツジが咲き誇る斜面は初見だ。

Dcf_0139 100617_124321

富士見平へのぼると、雲の脇からかすかに富士の山頂から右肩の一部が顔を出していた(クリックで拡大↓)。

Dcf_0136

そして何げなく振り返ると、木の幹に新鮮なセミの脱け殻。ちょっとおしゃれに、わざと遠景にグリーンロッジをぼかして入れてみました。

100617_125625

さらに、ロッジへ下る道ばたには、光合成をしない可憐な植物ギンリョウソウが。

100617_131036

さらに、私には謎のきのこ。

100617_131229

そして懐かしのグリーンロッジの裏手を覗いたりして、再び焼山峠へ戻り、そこから乙女湖を上から望める展望台へ通じる道をたどる。展望台で出会った林務者らしきおじさんに、「ヨシキリのヒナがいるよ」と教えてもらったら、草を刈ったダムへの斜面にちんまり巣があって、中にかよわいヒナが。

100617_135349

そのおじさんが本当に親切で、コシアブラの葉っぱをとってきてくれ、金峰山の眺望を話すうちに大弛の話になり、僕はてっきり昔行ったときのまま荒れたダートだと思っていた川上牧丘林道が全線舗装されていることを知る。40分ぐらいで行けるようになったというので、標高2400メートルの峠へヤマトを走らせる。大弛小屋は平日で休業していたが、登山客で結構にぎわっていた。

100617_144047

それから、時間も時間なので、夢の庭園はあきらめて、帰路へ。というわけで、実に充実したバケーションでした。もう夏休みのぶんは遊んだと思うので、仕事に邁進します。とかいいつつ、実は土日に茨城の知人のもとへ行く予定も入っているのだが。。。

|

« カプセル落下も確認されたようで、本当にGJです。 | トップページ | ホリデー週間、終了。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おお、乙女高原、懐かしいです!
あまり変わっていないようですね。
柳平は、ダム出来てからは行ったこと無いけど、すっかり別世界ですね。復活した金峰泉には是非わたしも行ってみたい。

投稿: ふく | 2010年6月18日 (金) 04時23分

懐かしいですよね!
こちらのグリーンロッジはまったく変わっておらず、観音と違って閉鎖の気配もなさそうです。
金峰泉、今度一緒に行ってみましょうか。付近のキノコポイント探しも兼ねて。

投稿: むらさきしめじ | 2010年6月18日 (金) 11時07分

乙女高原ですか。懐かしいですねえ。
金峰泉は実は行った事が無かったのですが。

観音平のグリーンロッジも、去年までは
何のお変わりも無く現役だったのですがねえ・・・。

投稿: th1986 | 2010年6月19日 (土) 15時36分

金峰泉、行ったことないんですか。僕は一度泊まったことあります。畳が傾いたオンボロ家屋でしたが。

観音のグリーンロッジ、早く購入してくださいw。楽しみにしています。

投稿: むらさきしめじ | 2010年6月20日 (日) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/48657308

この記事へのトラックバック一覧です: 半年ぶりのバケーション:

« カプセル落下も確認されたようで、本当にGJです。 | トップページ | ホリデー週間、終了。 »