« いよいよはやぶさ帰還ですね | トップページ | 半年ぶりのバケーション »

2010年6月14日 (月)

カプセル落下も確認されたようで、本当にGJです。

夕方5時すぎになんとか訳了。エピローグの推敲をしたかったが、まずははやぶさ帰還に備えて夕食の買い物へ。半年にわたる苦難の旅(はやぶさではない)を終えた自分へのご褒美として、今日は大トロの入った980円の刺身セットを買う。酒は、先日買っておいた神亀の中汲生酒(神亀は昭和の末期以降アル添を作っていないので、すべて純米酒です)。

レッドカーペットやイッテQを見ながら久々のまったりしたひととき。蓮田にいたころは普通に手に入っていた神亀を久しぶりに飲んだら惚れ直した。いや、神亀自体は近くの酒屋で手に入らなくもないのだが、火入れしたものばかりで、どれも重たい印象が強い。だが生だと味はしっかりのっていながら、重たさはなく、どんな料理でもしっくりくる。以前、蔵元の隣に住んでいた上司に誘われて見学したとき、熟成したチーズや鯨の燻製をつまみに出されても見事にマッチしていたほどだ。

だが、至福のひとときを味わってばかりもいられない。今晩ははやぶさ帰還をこの目で見届けなければならない。というわけで、少し早めにニコ動と和歌山大のUstreamとjaxa管制室にメインPCのモニタ2台とノートPCのディスプレイに分けて表示しておいたが、いざ蓋を開けてみれば、jaxa以外はアクセス過多で見られない。22:30ごろ管制室で一同拍手していたのは、どうやらはやぶさへの命令をすべて出し終わったためらしかった。

いよいよ23時の突入時刻になると、大流星となったはやぶさを和歌山大の映像で見た人たちから、ツイッターで祝辞が次々と舞い込んでくる。結局生では見ることがかなわず、録画をあとから見た。NASAのチームが機上から撮影した映像は、はやぶさの映画で見た想像映像とそっくりで感動した。

http://www.youtube.com/watch?v=u-Xp_-_gLTA

それにしても、これだけのショーをどこのテレビも生中継しないというのにはがっかりした。NHKはワールドカップの放映権をとっていたから仕方ないとはいえ、帰還直後のニュースでも扱わなかったのはまったく解せない。間接的に仕事で関係しているのであまり悪く言いたくないが、正直ここまで蔑ろにするとは思っていなかったので落胆した。午前1時のニュースではカプセルと別々に飛跡を描くとてもきれいな映像を流していたので、よけいにもったいない。民放もせっかくの視聴率をかせぐチャンスをみすみす逃すとは、何を考えているのか。

失敗する可能性とか、ショーは十数秒しかないとか、予定どおりの時間になるかわからないとかの声もあったが、はやぶさの旅路を紹介するとか、現地の状況を伝えるとか、いくらでも視聴者を飽きさせない工夫はできたのではなかろうか。日を改めて特番で流すつもりかもしれないが、日食と同じようにやはり生でこそ得られる興奮があると思う。……と思っているのも少数派なのだとしたら、日本の科学技術への関心はもう致命的に失われていることになるのだろう。みんな、ボイジャーの惑星探査が新聞の一面に載ったり、スペースシャトルの発射が生中継されたりしていたころを思い出そうよ。あのころそれに触発された人々が、今の日本の科学を支えているんだよ。そして、今そういう夢をもたせられないのなら、将来の日本はどうなってしまうのか。

それと、まったく関係ないが、今日の朝日新聞の書評で、マイケル・サンデルの超話題の書籍『これからの「正義」の話をしよう』について、鴻巣さんが実にうなずかされる指摘をしていた。ベンサムやミル、カントなどの考えを究極の選択に落とし込んでわかりやすく「正義論」を語る手腕は確かにすばらしいが、ひとつ現在のアメリカの病巣をほのめかすようなこんな指摘が記されている。鴻巣さんの文章をそのまま引用しよう。

……共同体意識から生ずる「誇りと恥」を扱うくだりで、合衆国憲法や戦没者の英霊などは「(米国の?)どこの誰でも称賛しうる」と慎重な検証なくあっさり書くとき、著者のもつ愛国心の前提に私はやや怖じる気持ちをもった。

うん、これにはぞっとする。もしも、米国の将来を支えていくエリートたちがこういうショー的要素の強いわかりやすい講義で高揚感を得て、疑うことを忘れて社会に出て行くとしたなら。大人気の授業も、そういう先生に惚れ込んで完全にのめり込んでしまう生徒にとってはカルト宗教にのめり込むのと変わらなくなる。鴻巣さんはさらに、正義で割り切れずに残ったものが、文学の扱いうる領域ではないかという鋭い指摘もしている。理系の客観性を文系に当てはめることに無理がある気がしていた理由が、これで少し説明できるようにも思う。

|

« いよいよはやぶさ帰還ですね | トップページ | 半年ぶりのバケーション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/48624876

この記事へのトラックバック一覧です: カプセル落下も確認されたようで、本当にGJです。:

« いよいよはやぶさ帰還ですね | トップページ | 半年ぶりのバケーション »