« 火星のオリンポス山は標高2万5000メートルだそうです。 | トップページ | コネタ »

2010年5月29日 (土)

きのこ→仕事→きのこ、の1日

今日は(正確には昨日は)、講義の前にふくさん(+息子くん)と待ち合わせて新宿のペンタックスフォーラムで開催中の、伊沢正名さんの写真展「キノコの世界 ~森の循環~」へ。

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20100519_367952.html

数こそ多くは出ていなかったが、大判の写真でも極小菌がきれいに写っているのにびっくり、そしてうっとり。国外の、見たこともない色鮮やかなきのこたちも美しかったが、さらに標本写真では飽き足らないとばかりに、夕陽をバックに湖畔にたたずむムジナタケのカップルを、あえて逆光で影にして甘酸っぱいムードを醸し出したり、蜘蛛の巣に散らばるたくさんの水滴に写りこんだ逆景のきのこを複眼のように見せたりと、凝った演出にすっかりメロメロ。

ここ40年間トイレで大をしたことがないという「糞土師(ふんどし)」を名乗る伊沢さんだが、ニュージーランドへ撮影に行ったときには、機中ずっと我慢したのだろうか。遠出するときには排泄の周期を調節すると先日の新聞コラムに書いてあったが、長時間の旅も可能なのかな。なんて話もふくさんとしていた。

そのあと時間があったので3人でお茶してから講義へ向かい、今度は羊毛きのこ師のAさんから、展覧会用に預けていたタマゴタケのたまちゃんをお返しいただく。あとの飲み会のときに出して気づいたのだが、展覧会で和菓子のなかにあったウグイス(の和菓子をまねた羊毛スイーツ)が同梱されていた。たまちゃんに合いそうと言ったのを覚えてくださっていたんですね、Aさん。ありがとうございます。

というわけで、無事帰還の記念に、ウグイスちゃんと一緒に撮影。ウグイスの土台は展覧会の日にMさんからいただいたアンモナイト。時代を超えた作品です。

100529_012641

え、締め切りの迫った仕事はどうしたって? 聞こえな~い。

|

« 火星のオリンポス山は標高2万5000メートルだそうです。 | トップページ | コネタ »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

ふくです。
昨日はお付き合いいただきありがとうございました。
きれいな、すてきな伊沢さんの写真でしたね。
ウグイスちゃん、かわいいですね。
ハナイグチ続報も期待しております。

投稿: ふく | 2010年5月29日 (土) 19時03分

お忙しいなかありがとうございました。
でも行ってよかったですね。
ウグイスちゃんのレイアウトが悩みどころで、今はとりあえずたまちゃんの土台の鉢の端にのせたまま透明容器に収納しております。
ハナイグチの件は、ご本人の負担とならぬよう過度な期待をせずにいようと思いますが、昨日、ふくさんからご提供いただいた写真などをメールしておきました。

投稿: むらさきしめじ | 2010年5月29日 (土) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/48483200

この記事へのトラックバック一覧です: きのこ→仕事→きのこ、の1日:

« 火星のオリンポス山は標高2万5000メートルだそうです。 | トップページ | コネタ »