« 2010年問題 | トップページ | トイレの扉とポニョについての所感 »

2010年1月31日 (日)

ぶどうの丘で極楽気分

日帰りで勝沼まで吟行へ行ってきた。

朝は勝沼ぶどう郷まで中央本線の鈍行でのんびりと揺られ、風ひとつなく穏やかな日差しを浴びながら、はるかにブドウ棚が続く斜面を下り、またのぼる。冬とあって、あたりを散歩する観光客は皆無で、ブドウも今は次の生産に備えた剪定中で、ただ裸の蔓を寒々と毛細血管のように這わせるのみ。しかし途中出会った地元の農家の人によれば、4月ぐらいになると、切った蔓の先から露がしたたり落ちて、それは美しい光景なのだという。

ぶどうの丘をのぼりきると、甲府盆地に立ちこめた靄のせいで遠く南アルプスの山並みはよく見えなかったが、秩父から北アルプスに連なる山系はきれいに望め、金峰山の頂付近には雪も見える。乙女高原に星を見に足繁く通っていたころが懐かしい。

ちょうどお昼になったので、軽食のとれるレストランできつねうどんを食べ、そのあと温泉につかって身も心もふにゃふにゃになってから、予約していた会議室で選句会。今回は4句のうちひとつはせっかくこの地まで来たので「甲斐」を入れるという縛りがついていた。相変わらずのド素人なりにがんばり、ひとつは遊びで「生き甲斐」を使ったりもしたが、そんな遊んでる余裕はないはずだ、オレ。

終了後は売店で甲州ワインを漁る。あじろんという珍しい品種のぶどうを使ったワインがあるようなので、その赤ワインを購入。酸化防止剤無添加で、1500円程度は良心的。蒼龍葡萄酒という会社のものだ。ここぶどうの丘には、一帯にちらばるワイナリーのものが一堂に会しているので、一度に選べて非常に便利だ。

帰りの電車では一同ワンカップの葡萄酒を飲みながら、あっというまに着いてしまった。

楽しかったが、わざわざ鞄に入れてパソコンと原書とゲラを持ち歩いたのに、仕事はまったくせず。まあ当然の結末か。

|

« 2010年問題 | トップページ | トイレの扉とポニョについての所感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/47445252

この記事へのトラックバック一覧です: ぶどうの丘で極楽気分:

« 2010年問題 | トップページ | トイレの扉とポニョについての所感 »