« 動的平衡 | トップページ | 残念、しかしあっぱれ! »

2009年12月18日 (金)

すごいぞ高校生!

女子バレーですごいことが起きているらしい。

現在開催中の全日本選手権で、高校生チームの東九州龍谷が、決勝ラウンドで昨日社会人VリーグのNECに3-2で勝ち、さらに今日、同じくVリーグのパイオニアに3-1で勝って4強に入ったというのだ。

もちろん空前の出来事だが、その理由が昨日の朝日新聞の記事に垣間見える。龍谷の監督は元全日本ジュニア監督らしく、「世界一クイックが速くないと、世界では勝てない。いかに相手のバランスを崩すかを考えた」と言っている。記事にはまた、「多少レシーブが乱れても、速攻につなげられるのが強み」とある。高さもパワーも劣りながら勝てたのは、まさにこの全日本男子も世界で通用するために挑んでいる、レシーブの乱れに関係なく多彩な攻撃を仕掛ける能力を身につけたからにほかならないだろう。高校生チームがすでに世界を意識しているところがすばらしい。全日本女子の監督・スタッフもこれで目を覚まして、Bキャッチのボールを自在にトス回しのできる大型セッターの発掘・育成を急いでほしいものだ。

高校生チーム、どこまで勝ち進むのだろうか。

|

« 動的平衡 | トップページ | 残念、しかしあっぱれ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/47055182

この記事へのトラックバック一覧です: すごいぞ高校生!:

« 動的平衡 | トップページ | 残念、しかしあっぱれ! »