« のみすぎ | トップページ | 科学と国民 »

2009年11月23日 (月)

国分寺崖線の湧き水も見てきた

今日は、西国分寺から国分寺にかけての吟行。

西国分寺から国分尼寺への道中には手ごろな林もあり、ついついきのこを探してしまう。残念ながら、見つかったのはカワラタケとカラカラのアラゲキクラゲぐらいだったが、植物は俳句をやる皆様はよくご存じで、いろいろ教えてもらった。

いつまでも素人の域を出ないので詠んだ句は内緒にしたいが、一句だけ、理系の観点で遊んでみたものを超恥ずかしいが公開。

流感のウイルスみたい 花八手

091123_095010

すいません、電顕写真レベルの画像と比べるのもどうかと思うし、どこまで一般性があるかもわからないけど、時事ネタということもあるし、素直に感じたままを詠んでしまいました。よくわからない方は、インフルエンザウイルスで画像をググってみてください。

|

« のみすぎ | トップページ | 科学と国民 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/46843899

この記事へのトラックバック一覧です: 国分寺崖線の湧き水も見てきた:

« のみすぎ | トップページ | 科学と国民 »