« ごちそうさまでした | トップページ | 勝間和代になろうとするな、と香山さんも言った »

2009年11月 1日 (日)

副都心より東京タワーを望む

10月だというのにまるで年末のように週三回も飲み会のある週が終わった。

水曜に編集者と盃を交わし、金曜は生徒さんたちと講義後の飲み会、そして今日土曜は大学時代の研究室のOB・OG会。でも今日は非日常を味わえてよかった。新宿の高層ビル50階の寿司屋になどふだんはなかなか行けるものではない。夜景はすばらしいし、ネタは新鮮だし、これで貸し切りにしてひとり8000円というのは意外に安い。でも昼間に1000円台でランチがあるのを知って、不景気の影響でこんなところにもデフレの圧力がかかっているのかと思った。二次会は近所の店が8時半だというのにもうラストオーダーだということで、僕の知る日本酒の揃った隠れ家へ。

理系の世界から離れて久しいが、久しぶりにそんな会話が聞けて新鮮。それどころか、会社組織の話さえ懐かしかった。生産縮小で会社が月に2日ほど休業日を設けている某鉄鋼メーカーで、その休業日に国の雇用保険から手当てが出ているという話を聞いてびっくりした。おまけにその手当てをもらうためにその日は休むが、代わりに土曜に出勤しているという話もあって、それは不正受給に近いんじゃないかと。なんだかんだ言って、企業人は優遇されているなあ。まあ大企業だけかもしれないが。所詮、不利を承知でフリーを選んだ身、他人のことには惑わされずがんばろうと思った。

|

« ごちそうさまでした | トップページ | 勝間和代になろうとするな、と香山さんも言った »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/46637303

この記事へのトラックバック一覧です: 副都心より東京タワーを望む:

« ごちそうさまでした | トップページ | 勝間和代になろうとするな、と香山さんも言った »