« きのこっのっこ~のこ天気のこ♪ | トップページ | オトナ帝国の雨傘 »

2009年10月17日 (土)

ノーベル平和賞への違和感

オバマ大統領がノーベル平和賞と決まった。核兵器廃絶への努力が認められたらしい。当然ながら、就任後1年も経たないうちの受賞は時期尚早との声も上がっているが、一方でノーベル平和賞はヨーロッパ知識層の政治的な意図を色濃く反映するものなので、受賞による今後のオバマ氏の堅実な実行をうながすものだという応援と圧力のメッセージと受け取る向きもある。

けれども僕は、別の意味でこの受賞に違和感を感じる。そもそも核兵器は米国が開発したものだ。それが日本へ落とされ、戦後の冷戦時代に米ソを中心に威力と数の増強が競われた。やがてソ連の崩壊とともに冷戦時代が終わりを告げ、軍縮の気運が高まり、米国は核軍縮へと舵を切ったわけだが、今もインドや北朝鮮やイランなどで積極的に核開発が進められている状況を前に、米国も苦しい立場に立たされている。

こんな経緯をひとことでまとめると、米国はみずから解き放った「人類のパンドラの箱」のふたを必死に閉めようとしているわけだ。そんなマッチポンプに対してノーベル平和賞というところに違和感を感じるのである。

もちろん、オバマ氏自身が核開発や軍拡競争にかかわっていたわけではないので、個人として見れば勇気あるすばらしい行動だと思う。その意味では、僕が感じているのは、オバマ氏受賞への違和感ではなく、むしろ核兵器の被害にあった唯一の国である日本からこそ受賞者が出なければならないのではないかという心のわだかまりなのかもしれない。しかし現実には、日本の被爆者団体の声は世界に十分に届いていないし、被爆者自身が体験の恐怖と生き残った後ろめたさから積極的な発信をためらう傾向にあるようで、国際的な影響力は発揮できていない。だが今回の受賞を機に、広島や長崎ではオバマ氏訪問への期待を寄せており、これをきっかけに核兵器の脅威が正しく世界に伝わり、日本の存在感が改めて見直される望みもある。いずれにせよ、今後のオバマ氏の行動からは目が離せない。

|

« きのこっのっこ~のこ天気のこ♪ | トップページ | オトナ帝国の雨傘 »

物書き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/46509139

この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル平和賞への違和感:

« きのこっのっこ~のこ天気のこ♪ | トップページ | オトナ帝国の雨傘 »