« やっぱり | トップページ | 桜とカタクリ »

2009年4月 1日 (水)

ホシザクラを見た

1日に2回も更新してしまうなんて、僕にしてはエイプリルフールらしい嘘みたいな話だが、おとといついにホシザクラを目にしたので報告。

ホシザクラについては、2カ月ほど前のブログ(http://sake-kinoko-monokaki.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-0e26.html)にも書いたが、下の記事にもあるとおりの珍種だ。

http://www.asahi.com/eco/TKY200807190111.html

1月は花がないためどれだかわからず敗退したが、そろそろ咲いていると思い、3/31、片所谷戸へ雪辱に訪れた。初めは入口あたりにあるこれかなあと思って一応撮影しておいた。090331_160142 090331_160252

だが、その先を歩いていると、下の小川沿いを歩いている数名の熟年男女から「このあたりにホシザクラっていうのがあるそうなんですけど、ご存じですか」と声をかけられた。「実はちょうど私も探しに来たんですよ」と答え、捜索に加わらせていただく。結構知る人ぞ知るの存在になっているんだなあ、ホシザクラ。

すると、前回は見つけていなかった散策路で、ついにホシザクラにご対面。「こっちにありましたよ~」という声に誘われて行ってみると、結構な大木だった。なんだ、親切に看板までぶら下がっているじゃないか。でもまだ少し早かったようで、1分咲きといったところか。写真ではわかりにくいけど、花はふつうの桜より花びらが少し尖っている感じ。特徴と言われる萼(がく)はよく見えるところにあるものがなくてわかりにくいが、赤みが強く、確かに星形のような気もした。でもむしろ尖った花のほうが星形と言うのにふさわしくも思える。

090331_161313 090331_161241 090331_161224

その後、近辺に何本も小ぶりなホシザクラが見つかり、写真を撮って満足した僕は一行のみなさまにお礼を言って別れた。また満開の姿を見に来たいものだ。

おまけで、その前日にまた行った神社で見つけた大ぶりのトガリアミガサタケの群れの写真も載せておこう。でもこうして見ると、よくわからないね。この画角に5個は写っていたはずなんだけど、今見ると僕も4個しかわからない。090330_164051 上からだとわかりにくいね。でもきのこ目になるためのいい練習になるのではないですか、Fさん? このあと炒めて卵でとじておいしくいただきました。

|

« やっぱり | トップページ | 桜とカタクリ »

きのこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/510116/44535744

この記事へのトラックバック一覧です: ホシザクラを見た:

« やっぱり | トップページ | 桜とカタクリ »