« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

ゆく年くる年

いよいよ今年も終わり。3が日は実家に帰る予定。そのために今日は(いや0時を過ぎたから昨日か)お気に入りの酒屋で和歌山の「黒牛」純米生無濾過を入手。不思議なことにこの酒は、生でないとだめだ。火入れをするととたんに老ね香(ひねが)のようなものを感じる。生は香りとうまみのバランスがあんなにすばらしいのに。

先週末は年内最後の休暇をとって中伊豆と西伊豆をめぐってきた。天気は快晴で富士山はばっちり。しかし黄金崎では猛烈な強風ではるか崖の下の波しぶきが押し上げられ、全身に降りかかる。自分の体はいいが、最近ワイパーなどに錆の目立つ我が愛車にも容赦なく襲いかかり、乾いて浮き出た塩で真っ白に。そこからちょっと南下して川沿いに林道をさかのぼったところにある神洞(じんぼら)滝というのも見てみたかったのだが、今回は断念。今度機会があればぜひ行ってみたい。黄金崎からの富士山と、河津の初景滝の写真だけアップしておく。

081228_132719

081228_164350

そして今日、そんな愛車の距離計が10万キロに達した。ちょうどの瞬間は見逃してしまったのだが。この前に乗っていたカローラでは、つくばにいて年間2万5千キロほど走っていたからすぐに到達したが、今度のレガシイではとくに今の仕事になってここへ越してきてから遠出が少なくなったので、10年以上かかった。それでも元気に動いてくれてありがたい。

さて、来年はどんな年になるだろう。世界経済には閉塞感が漂っているけれども、どうか自分にとってもみなさんにとっても良い年になりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

イヴですか

あと1時間ほどでサンタの追跡が始まる。↓

http://www.noradsanta.org/

今年は何か新しい演出が加わるのだろうか? イラクが泥沼化したときは、サンタさんはバグダッドを通ったりしないんだろうかとか、テロに遭わないよう目立たない服装にして防弾チョッキでも着込むんだろうかとか思ったけど、さすがに大人の判断でさらっと無視されていた。

先週末は講座の生徒さんに誘われて再度科学博物館へ行った。今度は日曜にもかかわらずえらいすいていて、のんびり見てまわることができた。菌類展のほかに、平成の玉虫厨子も展示されていたが、さすがに一面玉虫の羽というわけではなく、図柄の一部に使われているだけだった。それでも2台で数万匹使ったというから、展示されていないほうが実はすごいのかもしれない。それにしても、今あまり見かけない玉虫をそんなに捕っても大丈夫なんだろうか。ともあれ楽しかったです。Aさんありがとう。

年末締め切りの仕事も無事終わったので、やっと一息ついて年賀状を作成しだす。ところが月曜に仕事関係の友人から喪中ハガキが届き、お母様が今月亡くなったと知ってびっくり。さっそく今日、現金書留で香典を送る。だがそこでポカをする。窓口で出してから、住所を書き写すためにもってきた喪中ハガキをなくしていることに気づいた。あちこち探したがないので、まさか書留に一緒に入れてしまったかと思ってまだ糊の乾いていない袋を開けさせてもらったが、ない。あれあれ……と思っていたら、担当とは別の局員さんがお客さんから置き忘れを届けてもらったので、そのまま封筒へ入れてハガキの宛名へ今発送してしまったとのこと。ひょえー、狭い郵便局なのにそんなことがあったのにまったく気づかなかった。ともあれ親切な人のおかげでなんとか問題は解決してよかった。

さて、今日はせっかくだからお歳暮でいただいたローストビーフでも開けるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

年内の仕事も大詰め

そういえば今年はムラサキシメジを見なかった。たぶん風邪を引いていたあいだに時期が去ってしまったんだろう。残念。

今日は夏に必死こいて仕上げた共訳書の見本が送られてきた。シックで味わい深い表紙になっていてなかなかいい。来週末あたりに書店に並んだら、ウィジェットにもこっそり加える予定。共訳をお願いしたTさんには、本当に感謝。こんなにも調べ物の手間がかかる本だとは、当初思っていなかった。今年は手がけた仕事が多かったから、なんとか仕上げられたのも、Tさんがその膨大な調査をこなしてくれたおかげだ。もうひとつ共訳のものがあるのだが、2か月ほど前に納品したあと、音沙汰がない。正直、別の仕事が忙しかったからこれまで音沙汰がなくてよかったんだけど、いつゲラが出てくるんだろう。また仕事のピークと重ならないことを祈る。とりあえずは今手がけているのを近日中に終わらせて、すっきり正月を迎えたい。

それと、明日日銀の会合で政策金利が引き下げられる可能性があるので、郵便局に定期預金をつくりにいった。今ならちょうど金利0.25%上乗せのキャンペーン中でもあるので、1年定期で0.5%になる。株でさんざんな目に遭っているせいか、最近はちょっとこういうコツコツ系に目が向いてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

忘年会

昨日は仕事系の忘年会に行った。

最初に出てからかれこれもう5、6年になるだろうか。年々参加者が増えて、そろそろ出版クラブ会館の会場も手狭になってきた感じだ。それでも某ミステリ系の忘年会に比べればたいしたことないが。

今年はいつも以上に多くの編集者・同業者と話し、あまり食事ができなかった。そのぶん飲み直そうと思い、閉会後に数人に声をかけて二次会へ。最新刊の仕事でお世話になったN出版の人とはこれまでメールと電話・FAXだけのやりとりだったが、今回初めて顔合わせできてよかった。それにしても、一度も直接会わなくても一冊の本が出せるとは、通信手段の進歩の賜物なのだろうか。しかし直接会ってみてお互いに人柄がわかるというのも大事なことだと思う。ゲラの修正などで見解が食い違ったときに、どこまで言うべきかとか、相手の真意は何かなどを推し量りやすくなるし、無用な不安や不信感を抱かずに済むからだ。次からの仕事のこともあるので、今回この忘年会にお誘いしておいてよかった。

二次会もぎりぎりまで飲んで結局終電に。5人ぐらいに声をかけたのになんかいつのまにか10人ぐらいになって、幹事みたいなことをしてもらっちゃったT社のKさん、ごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

ちょーショック

……というほどでもないが、残念。

近所にステーキ系のファミレスがあって、そこは、食事をしなくてコーヒーだけ頼んでも、ランチタイムは130円、それ以外は240円でおかわり自由という夢のような店だった。だから3時すぎとか人のすいた時間によく仕事に利用させてもらっていたのだが、今日行ったらドリンクバーシステムに変わっていて、ドリンクバーのみの注文だと380円になっていた。まあしょうがないよなあ。130円のコーヒー頼んで精算時にもらったくじで280円のサラダを当ててしまったこともあるから、あれじゃあ店の利益はほとんどないよね。もう数年来の付き合いだし、バイトの子とは世間話もするほどになっちゃってるから、今後も仕事がしやすい環境なら使わせてもらおうか。もちろんたまにはちゃんと食事もするけれども、あの店は味付けが濃すぎてどうにも苦手。あっさりしたメニューもあればいいんだが。

それと、先日刊行された訳書が今日の朝日の書評にのったおかげで、久々のamazon100番台を記録している。著者の息子さんが日本語堪能で訳書のチェックなどに厳しいと聞いていたので、ちょっとは好印象をもっていただけるだろうかとほっとした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »