« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月29日 (土)

『サバイバー』(吉井妙子著)読書感想

風邪は薬でおさえられ、昨日の講義もなんとか行けた。ここで酒を飲むとぶり返すのかなあ。

ところで、少しずつ読んでいた、吉井妙子さんというスポーツジャーナリストが書いた『サバイバー:名将アリー・セリンジャーと日本バレーボールの悲劇』(講談社)というノンフィクションを、ようやく読み終えた。憤慨と情けなさで手が震えた。

セリンジャー氏といえば、バレーボールファンなら日本でもダイエーや東北パイオニアに黄金時代を築いた名監督として知っている人も多いと思う。イスラエル出身で選手としても活躍したが、日本やロシアがバレー帝国として君臨していたころに、身体能力は高いのに下位に低迷していたアメリカ女子を数年でトップレベルに導き、ロス五輪で銀メダルをとったあとは、巨人揃いなのに弱小だったオランダ男子をまたしても5年で五輪銀メダルへ導いた。

そんな奇跡をなしとげる神様とも称されていた人が、日本でも実業団リーグで文句なしの成績を残しながら、なぜ全日本監督になれなかったのか。その理由を語るのに、彼のホロコースト体験から書きはじめなければならなかったわけは、本書を最後まで読めばわかる。まずもってセリンジャー氏がナチのベルゲン・ベルゼン収容所の生き残りだったという点に驚かされたし、それとバレーボールの話を同じ本に盛り込むのはテーマが分散して無理があるのではないかとはじめは思ったが、両者が大いにリンクしていることに途中で気づかされる。

バレーボールに対しての姿勢の厳しさや輝かしい成功の数々のもとに、一瞬の油断もならない幼少期の収容所体験がかかわっていたこともわかるが、なにより収容所の悲惨さは『夜と霧』以上に自分にはインパクトがあった。年端もいかぬ子どもがこんな状況に追い込まれたことが、余計につらく思えたからかもしれない。

しかしそのうえ打ちのめされたのは、そんなセリンジャー氏がかつてナチと同盟を組んでいた日本が好きになって、翳りの差した日本バレーを復活させたいと心から願っていたのに、それまでの日本の常識からはずれた育成計画を主張する外国人という理由で、かつての栄光になおあぐらをかいている裸の王様のような日本バレーボール協会(JVA)から排除されつづけ、ついに一昨年、15年もの長きにわたり指導を続けた日本をあとにしたという話である。彼の心に残った虚しさはいかばかりかと痛ましく思うと同時に、以前から話には出ていたJVAの旧弊な体質がここまでひどいものなのかと、かつて中高大学とバレーボールを続けて間接的に関わっていた自分も情けなく思った。

不思議なのは、こんなに理不尽で恩知らずな対応を指弾する内容の本なのに、僕の知るかぎり書評やスポーツ記事において大々的に取り上げられているのを見たことがないところだ。マスコミは黙殺しているのか? それともバレーボールがそこまで国民的関心の薄いスポーツになってしまっているのか? だがフジテレビなどで全日本の試合がゴールデンタイムで流され(これは多額の費用を協会に貢いでいるフジの宣伝効果も大きいようだが)、その視聴率が高いことを考えると、後者の可能性は考えにくい。けれども、試合に関心はあっても、勝つための戦術を素人が独自に論じ合うような、野球やサッカーほど平均的なファンのレベルが成熟していないのかもしれない。

現状のJVAに変化の兆しがまったく感じられないことを思うと、本当にやるせなくなるし、今後の全日本を真剣に応援する気にもなれない。たとえばセリンジャー氏の寵児だった吉原知子さんに女子の監督になってもらうとか、それぐらいの変化があってほしいものだ。それにしても、セリンジャー氏には、日本人として本当に申し訳ない。

追記:こんなときのためのamazonアフィリエイトなのに忘れていた。本作はこれ↓

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月26日 (水)

風邪ひいた

きのう、のどが痛いなあと思ったら夜に急激に悪化し、39℃の熱が出た。今日、医者に行ったら案の定、扁桃腺がひどくはれているとのこと。点滴打ちますかと言われてそんなにひどいのかとびびる。まずは飲み薬でということにしてもらった。あさっては講義の日だからなんとかなおさなくちゃ。土曜の吟行はパスしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

菌類のふしぎ展

国立科学博物館で開催中の上記展覧会にFさん・息子のTくんと行った。連休中だから大混雑かと思ったが、正午に待ち合わせしてすぐに入ることができ、中もそこそこ見られる程度の混み具合で助かった。もやしもん目当てで来ている人も多かったようだが、目玉はやはり実際に採取したきのこの保存標本だ。なかでも樹脂含浸法による標本が美しい。赤いはずのベニテングタケやタマゴタケが黄褐色に退色するなど、完全には生の状態は再現しきれていないが、質感はリアリティ十分。出来が良かったのは、たとえばコガネタケが表面のビロード感が見事に残っていたり、シロオニタケの純白がそのままだったり、ハナイグチの傘の光沢がきちんと再現されていたり。しかしまあよくこんなに作ったもんだなあ。冬虫夏草などはふだん目にしないものだから、こうして生に近い姿が見られると非常に参考になる。写真撮影可だったので、携帯のカメラであれこれ撮影。

081123_123509081123_124014081123_123653081123_124546081123_125942

小林路子さんのきのこ画もいくつか展示されていて、ホウキタケの細密さにはため息が出るほどだった。

そのあとは土産物屋で小林さんの絵葉書を数枚と、もやしもんのクリアフォルダーを購入。きのこのブックスタンドは迷った末にやめた。その後、常設展示もざっと見てくたくたになりながら閉館とともに退館。このあと、山口から出てきているCさんも合流して飲みに行く予定だったが、上野のマックでいくら待てども連絡が来ない(C氏は携帯をもっていないのでこちらから連絡できない)。いい加減シビレを切らして新宿へ移動することにする。店に入り、Fさんの相方Mさんも合流したが、結局C氏とは飲めずに終わった(途中、ようやく連絡が入っていろいろあったのだがここでは割愛。ひとことで言えば、なんとも人騒がせな人だ)。でもやっぱりお酒はひとりで飲むより楽しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月16日 (日)

でかシイタケ

大家さんからシイタケをいただいた。一昨年あたりからほだ木に菌を植えつけて庭で育てていたが、昨年まで収穫ゼロと聞いていた。それが今年は一気にできたようで、しかも超巨大。こんなでかいシイタケは見たことがない。脇に定規とシャーペンを置いてみたので、比べてみてほしい。短い方の径でも12センチはある。これはぜひシイタケステーキをやってみたいものだ。

081116_170917 ちなみに10円玉と比べるとこんな感じ。

081116_171019

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

google mapが楽しい

仕事逃避モードがワンランクアップし、ついにgoogle mapで仮想旅行をする段階に達した。こんなときはよく、見知らぬ土地を航空写真モードにして楽しんだりするのだが、今日はさらなる楽しみを知ってしまった。

右上のボタンの「その他」というところに、写真というタグがあり、これをオンにすると、いろんな有志の人が撮った各地の写真が見られるのだ。これがまた結構充実していて、マイナーな場所までだれかが載せている。三浦半島の大楠山山頂からのパノラマ写真は圧巻だった。昔暗い夜空を求めてあのダート林道を夜に車でのぼってみたりしたものだが、昼間にあんなすばらしい景色が拝めるものとは知らなかった。東を見れば、猿島の向こうに房総半島が望め、西を向けば、丹沢山地から頭ひとつ飛び出た富士山が勇姿を見せる。すげー。でも20年前に行っていたころにはたぶんあんな展望塔はなかったんじゃなかろうか。NTTの送信塔みたいなのはあったと思うけど。道も狭いダートじゃなくなっているのかな。

ちょっと北東にある鷹取山も魅力的だ。いかん、はまる……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 8日 (土)

半年遅れの五月病

急に仕事にブレーキがかかった。肩はそんなに痛くないが、机に向かってもやる気がわかない。なんとか自分をだまして気分を乗らそうと、またyoutubeで懐メロを聴く。プリプリの曲なんか聴くと、大学生のころを思い出してせつなくなる。バブルの時代も思いっきり感じさせるが、なんであの頃自分にバブルの恩恵はなかったんだろう。さらにさかのぼって太田裕美のさらばシベリア鉄道や木綿のハンカチーフなんかにまで行き着く。最近の1999年にコンサートで歌った映像なんか見ると、玲瓏たる歌声に驚いた。これが年齢を重ねた円熟味というやつか。すごいなあ。ああ、こうしてまた現実逃避の夜が更けていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

日本酒の会

昨晩は、S師匠の弟子仲間4名と日本酒の会。今回も、僕のおすすめの町田の店で。

いや~楽しかった。SOHOだとふだんの人付き合いがないので、たまにこういう同業の仲間と会う機会があるとものすごく盛り上がる。仕事と関係なく、かなりアブナイ話題も出たが、酔っぱらいにはもう周囲に他人がいることすら意識から失せている。となりで飲んでたオヤジたちは、奥様方の話にびっくりしてたんじゃなかろうか。でもドンマイ。

飲んだお酒は、佐賀の能古見、静岡のくどき上手、茅ヶ崎の天青など。なかでもくどき上手の古代米で作ったものは絶品だった。香り米で作った琥珀色のやつと、黒紫米で作った赤ワイン色のやつがあったが、前者は古酒の色合いでありながらすっきりさわやか。後者は日本酒とは思えぬワインのような渋みが心地よい後味となって残る。恐るべきお酒だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »