« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

高級携帯の罠?

ごぶさたです。といってもだれも見てないだろうけど。

8月末に終わるべき仕事が9月初旬に食い込むことが確定してしまった。ほんとにやばいのでしばらく久々に一日15時間労働とかになってる。ほんとに夏休みの宿題に泣いてる小学生みたいだ。

今日は手短にニュースへの突っ込みだけ。

http://markets.nikkei.co.jp/kokunai/tegakari.aspx?site=MARKET&genre=c3&id=AT1D270B9%2029082008

携帯に数百万って、よく考えろよ。携帯の製品寿命なんてせいぜい5年じゃないのか? たとえ機械がもっても通信方式が古くなったりしてソフト的にだめになるんじゃないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

早起きは二度寝の損

朝の7:30に牛乳屋の訪問販売にたたき起こされる。最初は時間もわからず寝起きで出て、あとから時計を見てがっくり。こっちは3:30に寝たというのに。試供品をもらっただけだからまだいいが、7:30はないんじゃないか。昼間は暑くてまわるのが大変だからという事情のような気もする。そりゃそうだろうけどさあ。一般家庭でも朝一番忙しい時間じゃないのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

渋滞緩和実験らしいが

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080815-OYT1T00469.htm

これって割り込みされておしまいじゃないのかなあ。もう結果が出ているはずだが、どうだったのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

クロラッパタケを食す

オリンピックが開催中だが超多忙だ。ふたつの仕事をいっぺんにやるのはやはり苦手。それでもバレーはゲラをチェックしながら盗み見ている。わかってはいたことだが、校正に時間を取られて今月中に仕上げる予定の仕事が順調に(?)遅れている。ふひー。

そんななか、スイスへ旅行に行った人からクロラッパタケの乾燥品をお土産にいただいた。きのこの師匠Fさんに調理法などきいたところ、万能きのこだからほとんどの料理に使えるということなので、まずは最近ようやく夕方でも店頭で見かけるようになったバターを使って、ナスと一緒に炒め、お中元でいただいてから賞味期限ぎりぎりになったハムをステーキにしたものに添えてみた。もどし汁にすごいきのこエキスが出たので、スープの隠し味に使ってみたが、香りがすごかったわりにスープの味に大した変化はなかった。もっとたくさん入れてよかったのだろうか。でも本体はマイタケのような食感で、味は淡泊だがなかなかいい。結構濃い味付けにしたほうがいいみたいだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

はずかしい

ちかごろ巷で話題のgoogle mapのストリートビューというので、自宅を見てみたら、布団と洗濯物が干してあってものすごく恥ずかしかった。ここまでリアルに見えるものとは……。こんな裏通りをいつ撮ったんだ。道路の端に雪かきしてできた山の溶け残りらしきものがあったから、冬の終わりごろだろうか。なんか見えすぎてこわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

落雷による瞬停の影響か

昨日は朝からネットの接続が不調。ページの読み込みにえらく時間がかかるので、パソコンを再起動したり、ルータのコードを抜いて入れ直したりしたがだめ。調べ物が苛立たしいので、夕方にニフティのサポートへ電話。10分近く待たされてようやくつながり、向こうの言う対策をあらかたすでにやっていたので、最後の手段でルータのリセットをすることに。するとあっさり問題解決。そこで前日に落雷による瞬停があったことに気づく。パソコンなどはUPSをかませてあるので無事だったが、ルータの電話線からサージが入ったのかもしれない。

ほかに何かありますかと聞かれたので、ずっと前から接続がときどき切れるとか、IP電話がいきなり使えなくなったりするといった話をすると、結局ルータ(レンタル)を交換することになった。なんだかんだで一時間半以上も時間をとられ、仕事は進まず。これからまた別件のゲラも届くというのに、相当まずい状況だ。オリンピックがどうのなんて悠長なことを言っていられない。でもバレーは観たい……。神様、私に8月いっぱい一日50時間ください。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

国立天文台で吟行

今日は、久しぶりの俳句ハイクで、三鷹の国立天文台へ。あそこがふだんから一般公開(一部だが)されているとは知らなかった。見られたのは、口径20センチ・65センチの屈折望遠鏡、子午線儀など。20センチ望遠鏡では太陽観測ができてなかなか楽しかった。残念ながら今の時期は黒点周期で活動が穏やかな時期なので、黒点はまったくないのっぺりした太陽だったが、投影した紙を動かすとかすかにわかる粒状斑は見ることができた。説明してくれた学生がとても感じが良く、素人にもわかる言葉で話そうという気遣いが優しい。粒状斑の現象を説明するのに味噌汁を火にかけたときを話に出すなど、卑近なたとえがうまく(天文学ではお約束のようなたとえなのかもしれないが)、こちらの疑問にも的確に答えてくれる。そもそもなぜ黒点活動に周期があるのかはまだわかっていないらしいが。

せっかく来たので相模原の宇宙研では買えなくなったすばる望遠鏡の絵葉書を買おうとしたら、品切れが多くて参った。なんでも、財団の財政が危なくてグッズも削減されているとか。サブプライム問題等による景気後退で協賛企業の撤退が相次いでいるのだそうだ。でもなんかそんな話をあれこれしているうちに、絵葉書を2枚サービスしてくれたり、惑星・準惑星をテーマにしたポスターをただでくれたりして、ラッキー。

その後、深大寺へ行って昼食の蕎麦を食べる。深大寺は初めてだというと、みんなに驚かれた。仕事が忙しいので本当はここでおいとましようと思っていたのだが、肝心の句がひとつもできていなかったので、これで帰ると「人でなし」と言われる脅しに屈し(今回は参加者が極端に少なかったので)、句会にも参加。句の出来は相変わらずダメダメだったが、俳句にあえて「粒状斑」という理系用語を導入するとか、一句のなかに三つ頭韻を踏ませてみるとか(でも書いてみると読んだ人にはほとんどわからない自己満足的効果)、新境地へ挑んでみた。まだそんなレベルでもないのに、ありきたりのものが嫌だなんてすぐに考えてしまうのはいけない癖だなあ。

さて、仕事だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »