« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月27日 (日)

超巨大アミガサの群れ

市内の運動施設内のレストランで昼食をとった。いつもは空いているのに、今日は水泳大会とのことでほぼ満員。メニューも厨房の処理能力の関係で縮小されて残念。しかたなくカレーと珈琲ですます。持参した新聞をひととおり読み終えてから、せっかくなので付近の公園内を散歩。

すると、球場裏手の桜並木で巨大なアミガサタケの群生を発見。その巨大さがまた半端じゃない。高さ20センチクラスがごろごろある。そういえば去年もここで巨大な傷みかけのを一本、GW中に見つけたのを思い出す。先週末にもそばまで来ていたのに、Fさん、Sさん、ごめんなさい。最後に行ったハルシメジ地帯の上の公園をもっと先へ行っていれば良かったんです。でもすでに結構とれていたから逆に困っていたかも。

目の色を変えて柵を越えた茂みを探る。子どもが母親に「あっちも歩けるの?」なんて訊いているけど、「ごめん、お兄さんはちょっと危ないところに入っちゃってるからまねしちゃだめだよ」と心のなかで詫びながらもきのこを採る手は止めない。

そこへ今度はおじさんが声を掛けてくる。「何とってんだ?」「きのこですよ」「そんなの食えんのか?」と、街中できのこを採っていると必ずやるいつもの会話。そのうちにおじさんも柵を乗り越えてきのこを採りはじめた。「なんでそれとらないの?」などと言われ、「全部採ると来年生えてこないから」と答えて、おじさんにもとりつくさないようにしてほしいことを暗にアピールしながら、「じゃあお先に」と立ち去る。

今日一日ではとても食べられない量がとれたので、乾燥して今週末山口から来るCさんにも食べさせてあげよう。念のためと思って見たハルシメジ地帯は、もう何もなかった。080427_135719_2 080427_135943_2080427_150448_2 080427_150543_2

最後にひとつ、Fさん向けのお遊びを。

080427_161346  超弩級戦艦に立ち向かうヤマト。

 ちなみにヤマトは先日とって乾燥させたもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

stiff shoulders

肩こりがまたつらい。近所の温泉に行ったが効果が薄い。しかたないのでピップエレキバンを三つ貼ってみる。どうもプレッシャーがたまるといつもこうなるみたいだ。なんかいい手はないかな。たぶん体を動かすのが一番なんだろうけど。特定健診(いわゆるメタボ健診)にも備えて市の体育館のトレーニング室に行くべきだなあ。先週はさぼってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

春のきのこ満喫

土曜日は天気が危ぶまれたが、日ごろのおこないがいいのか(?)見事に晴れた。13時に待ち合わせて腹ごしらえし、さっそく3人で探索開始。公園の植え込みでそこそこのサイズのアミガサタケがいくつか見つかり、まずはひと安心。その後、禁断の森へ入ったがこちらは不作。前日の雨でぼってりふくれたメタボなキクラゲはたくさん見つけたが、ハルシメジは最後の望みをかけた場所でかろうじて見つけた程度。しかしその後移動した本屋脇の斜面では十分に成長したものがたっぷりとれたので満足して080420_151501_2採集を終了した。080419_142247080419_151009  080419_154706

あとはいつもの居酒屋で飲む。今回初めて誘ったSさんもすっかり溶け込んでくださってうれしかった。残念ながらマスターが忙しくてその場で調理はかなわなかったが、収穫は今晩にでも食すつもり。まずは定番のバター炒めか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月17日 (木)

びっくりした

女子バレーの大友愛(現在は山本愛)が復帰するとのニュースに驚いた。

http://www.jiji.com/jc/c?g=spo_30&k=2008041400630

突然の妊娠・引退でバレー界に衝撃を与えたのは記憶に新しいが、思えばあれで柳本監督の日本復活のプランが崩壊し、旧態依然とした日本バレーに逆戻りして再び世界から取り残されてしまったのだろう。アテネ五輪で対中国の奇策として見せたバックブロード攻撃(世界初だがいまだほかにだれもやっていない)が妙に記憶に残っている。さすがに今月の五輪最終予選には出られないようだが、あせらずに勘を戻していってほしい。アテネのときでもまだ粗削りだったから、磨けば大いに成長の余地はあると思う。なにしろ183センチの長身だ。今の高橋みゆきのポジションにはいれれば、ブロックの問題などは相当解消できるかもしれない。いや今からそんな話はまだ早すぎるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

ささやかな幸運

昨日、ヤマダ電機で車の交換用ワイパーを買ってからくじ(機械にカードを差し込むと画面のドラムがくるくる回るやつ)を引いたら、500ポイントが当たった。1ポイント1円だから500円だけど、最近なにかで当たるなんてことがなかったから素直にうれしい。

ワイパーはずっとゴムの交換だけで済ませてきたのだけど、本体の錆がひどくなっていて、いいかげんそろそろ換えようかと思っていたところへ、オートバックスだとゴムしか買えない値段で本体ごと売っていたので衝動買いしたのが何かの縁だったのかもしれない。その日は運転席・助手席側のしか買わなかったのだが、当たったのに気をよくして、今日また行ってリヤウインドウ用も買った。さすがに今日は当たらない。

しかし今回買ってみて、カー用品専門店ではグレードの高い品物しか置いていないから、ふつうに車を使う人には損だということがわかった。同じワイパーでもピンキリなのだ。拭くだけで水をはじくとか、曲率がどうのとか、もう14年も乗っている車にはどうでもいい。マスターズの水泳でドーピングをさせるようなものだ。いやだいぶ違うか。ただ、ワイパーのアームも錆びているのだが、これはどこで売っているのだろう? 大した値段でなければ買ってもいいが、錆で折れてしまうほどではないので放っておくか。それよりエアコンが温風しか出なくなったので、夏が来る前に換えないと。去年から調子が悪かったんだけど、車検であちこちの修理にえらいお金がかかったので、パスしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

ハルシメジだ

本屋のそばにある斜面は桜並木になっているのだが、ここに毎年アミガサタケとハルシメジが生える。時期的にまだ早いかとも思ったが、ハルシメジはシーズンが到来していたようだ。でかくてこれ以上おいとくと傷みそうなものを中心に数本採取して持ち帰る。今晩はおひたしにでもするか。次の週末まで生えてくれていたら、アミガサと両方楽しめるかもしれない。どうかうまくピークに当たりますように。080413_142425 080413_142529 080413_153732

肝心の本屋は、あてがはずれた。市内の図書館が蔵書点検期間に入ったので、本屋に資料を探しに行ったのだが、科学書はほんとうに書店で迫害されている。自分のにしても、朝日・読売・日経3紙に書評が出たものくらい置いてほしいなあ、とぼやいてみたり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

トガリアミガサタケ

近所の神社の境内には、いろんな種類の桜が植わっている。水曜日、ふとあそこならあるのではと思って行ってみたら大当たり。食べ頃の大きさのトガリアミガサタケがそこかしこに生えていた。でかくて虫に食われていないものを数本とって持ち帰り、アスパラと一緒にバター炒めにし、卵でとじて食す。うまいので思わず買い置いてあった「たてのい」(純米生:沼館酒造)という秋田の地酒もいただく。イチゴのような甘みの酒だ。これも美味。080409_161821 080409_161946 080409_162159

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

今度はほんとにアミガサタケ

昨晩からの風雨はすごかった。まさに春の嵐。図書館へ行く用事があったので、正面の桜が舞い散った公園にも寄ってみる。するといつもの場所に一本だけ小ぶりのアミガサタケを発見。今年初なのでうれしい。でも小さいので収穫はおあずけ。来週末の春の幸を楽しむ会はちょうどいい頃合いかもしれない。080408_163142

写真の右に指が写っているのはご愛嬌。傘を差しながらの撮影で苦労した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

吟行とかたくり

土曜日は黒川近辺の谷戸で吟行。俳句に誘われてから4度目ぐらいなので、まだ勝手がよくわからないが、今回は私同様の素人の方が一名いらしたので、ちょっぴり安心。相変わらず情報を詰め込みすぎたり、変に凝ってしまう癖があって、なかなか評価が得られる句ができない。花や暖かだけでも春の季語だというので、季重なりにしないだけでも大変だ。俳句は難しいし、いい句の良さもいまひとつ把握できていない。あとの飲み会で福島の「蔵粋(くらしっく)」という酒に出会う。吟醸で抑えた甘みもあって気に入った。思わず3杯飲む。

日曜日はちょっと体を癒しに愛川の温泉に行き、そのついでに津久井の久保田酒造へ寄り、相模灘を購入。その帰りに「かたくりの里」なる看板を見つけ、思わず寄り道。民家のあいだの細い一車線の道を下った先にあり、着いてみたらなかなかいいところだった。斜面のあちこちに紫の可憐な花が咲いている。道沿いには桃の木も満開で、またかたくりに混じって白い小さな花もある。何の花だろう。帰りの坂道で対向車に出くわし、民家の前に少しあいたスペースに退避してかろうじて離合するが、ノーズのわずか下に突き出た石に気づかず、こつんとぶつけてバンパー下部にささくれができてしまった。そんなにめだちはしないが悔しい。080406_151751 080406_151835 080406_151735 080406_151645

などとのんびりしている余裕はそんなにないはずなので、帰ってからひたすら仕事。やっと1/3冊が終了。もう少しペースを上げたいところだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

近所の公園でアミガサタケ発見

……という、地味すぎてウソとわかっても何の驚きもないエイプリルフールをやってみたり。でも今週末あたりには図書館前の公園でほんとに見られるかもしれない。あそこはなぜか、いつものポイントよりは一週間ほど早く出てくるから。

16号を走っていたら、いつものGSでガソリンが126円/lになっていたので給油。ここも今日からなのか。リッター25円の違いはやはり大きい。満タンにして1000円以上得した。混んではいたけど1台ほど待っただけだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »