2017年2月28日 (火)

新刊(?)紹介など

新年あけましておめでとうございます。

……もう2月も末ですけどね。
昨年から訳していた本が訳了でき、確定申告もすませ、細かい仕事も2つほど仕上げたので、放置していたブログで昨年末に刊行された拙訳書(↓)を紹介しに浮上しました。



近ごろどうも腸内細菌をはじめとするマイクロバイオームがちょっとしたブームのようで、本書の前にも以下のような本が出ており、



ほぼ同じ時期に以下の本も刊行されています。



そんななか、拙訳書の位置づけは腸内に限らず体の内部・表面のほか周囲の環境にも棲む細菌、ウイルス、菌類まで広く含めた「マイクロバイオーム」について、アメリカ自然史博物館の学芸員が概説したいわばマイクロバイオームの教科書のようなものです。ただ、教科書といっても平板な内容ではなく、枕カバーにはトイレのドアノブと同じぐらい豊かなマイクロバイオームがいるとか、飲み屋で話したくなるような小ネタがいっぱい。よろしければぜひお読みください。

ではそんなところで、そろそろブラックモレルが顔を出しそうな時期ですね。去年のきのこ写真もあげていませんが、今年はもう少しきのこ写真もアップできたらと思っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

新刊紹介

また半年放置してました。もはや年二回しか更新しないブログとなるのでしょうか。

そのあいだに訳書が2冊出ていたのでご紹介します。
まず7月に、2003年刊行のオリヴァー・サックス『タングステンおじさん』が文庫化されました。サックス先生は惜しくも去年亡くなられてしまいましたが、繊細な心をもつ少年時代のメモワールにのせて綴られたきらびやかな化学史をぜひともまた多くの方に味わっていただきたいと思います。



さらに9月24日、満を持してニック・レーンの最新作が刊行されました。邦題は原題と大きく違いますが、レーンの二作前の原題Power, Sex, Suicideがジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』をもじっているみたいだったので、あえて今回の邦題でそれをまねてみた次第。本書のテーマがストレートに伝わると思うのですが。

内容は、一言で言えば、「レーン史上最高難度にして最高にエキサイティングな本」です。生命の起源から初期の進化に至るまでを、エネルギー論で説明するという斬新かつ説得力のある主張はビル・ゲイツをも仰天させました。詳しくは、HONZに掲載された私の訳者あとがきを参考になさってください↓
http://honz.jp/articles/-/43334


きのこにかんしては、春はアミガサタケとハルシメジがそこそことれ、5月にカンゾウタケツアー、7月初めにキヌガサタケを見に行って、直後からタマゴタケやヤマドリタケモドキやムラサキヤマドリが出てきて、9月初めにタマゴタケの秋シーズンが再開しました。写真はありすぎて面倒なのでパス(ひどい)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年3月31日 (木)

半年放置してました

いや、仕事も忙しかったのですが、大作を納品したあとも確定申告やら温泉やら新しい仕事やらアミガサタケやらで日々が過ぎ、ブログの存在などすっかりO脚の貴方、じゃなくて忘却の彼方。

とりあえず半年間のきのこを超雑に振り返ります。

秋はタマゴタケが大豊作でした。
Dscn1180_2

Dscn1175
合宿はきのこがたぐいまれな不作でした。
Dscn1481

11月にスッポンタケの卵を拾って家で育てたりもしました。
Dscn1563
Dscn1582
Dscn1588



トガリアミガサタケの出現確認は例年よりかなり遅く、3月10日でした。
Dscn1850

その後そこそこ出ていますが、いつもの勢いがありません。
Dscn1881
Dscn1931
Dscn1948



まあそれでも生ハムやチーズにのせたり、親子丼に入れたり、アヒージョにしたりしておいしくいただいています。
Dscn1917
Dscn1961
Dscn1963



まあそんなとこで、今年もたくさんきのこにめぐり会いたいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年9月30日 (水)

新刊出ます

いつのまにか秋ですね。私の夏はどこへいったの?

私の夏はここへ行っていたようです↓

と、わざとらしい流れで新刊紹介です。刊行直後に早くもHONZで仲野先生が取り上げてくださいました。

http://honz.jp/articles/-/41855
先生ご自身、グリベック開発の話にとても興味をもたれていて、本書の主人公と言えるドラッカーにノーベル賞をとってほしいとおっしゃっていました。今年のノーベル賞ももうすぐ発表ですが、まさかとってしまったりして。

本書の内容をひとことで言えば、慢性骨髄性白血病(CML)の原因解明から特効薬の開発・販売に至る、研究者の努力と、利益優先体質の企業を変えた医師や患者の苦闘の物語です。

CMLの特効薬グリベックは、従来のがんの薬とはまったく違い、がんの原因を直接たたくことのできる「分子標的薬」の第一号でした。余命わずかの患者が一日一度の錠剤服用だけで完全寛解の状態に至るという信じられないほどの効果が出たにもかかわらず、患者数の少ない希少疾患ゆえにコスト回収への不安を感じた製薬会社が治験・販売に二の足を踏むというはたから見ても実にもどかしい状況を、正義の人ドラッカーや患者たちが奮闘の末、勝利を勝ち取るという爽快な読後感を味わえるヒューマンドラマです。前半の病因解明のくだりは専門的な話がからみあって多少難しさを感じるでしょうが、後半の治験あたりからは一気読み。ぜひとも多くの方に読んでいただきたいです。

秋のきのこは今年は2週間近くシーズンが早く、戻りのタマゴタケも8月末から出はじめて今ではもうほぼ終了してしまいました。そのへんのご報告もしたいけれど、今日はとりあえずこんなところで。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年7月20日 (月)

2ヶ月ぶりのキノ更新

ごぶさたしております。もはや更新のたびにこの挨拶が定番になりつつあります。

ようやくひとつ訳了したので次の仕事へ向けて寸暇を味わいつつ雑用をこなしておりましたが、もう仕事に入らねば。でもそんな日々のあいまにきのこ散歩もしていたので、ハイライトで振り返ります。

まず、5月中旬のカンゾウタケツアー。総勢7名ほどだったと思いますが、期待以上に見られてよかったです。

Dscn0302_2Dscn0323Dscn0344Dscn0346
そして今年の初タマゴタケ観測は6/27でした。雨でぐじゅぐじゅになって虫に食われた幼菌でしたが。

Dscn0423
その後、7月に入ってからそこそこ豊作が続いております(現在進行形)。キタマゴも含む↓

Dscn0459
Dscn0523
Dscn0527
Dscn0599
Dscn0674
Dscn0792
Dscn0795


そして7月初頭には去年も見に行った場所へキヌガサタケを見に。

Dscn0476
Dscn0479
Dscn0482

ついでに冬虫夏草も。オサムシタケと何か。

Dscn0518
Dscn0515

そのほか、立派なヤマドリタケモドキやムラサキヤマドリタケなどもあり、なお、キヌガサから冬虫夏草からタマゴタケからヤマドリなどたくさん見られたこの日が、21年間乗り続けた愛車の最後の日となりました。今は中古で買い替えたヤマト2号となっています。最近の車はすごいですね。カーナビなんかついてるし、エアコンはオートだし、キーはリモコンだし、マニュアルなのにECOモードとかついてるし、バックギア入れると警告音が鳴るし、ガラスの進歩か、炎天下に置いてもハンドルが焼けるように熱くならないし、何もかも感動です。

そうそう、最後に近所の菌友から栽培ヤコウタケを一晩お借りしたのですが、これがまた美しいのなんの。寝床で真っ暗にした部屋で光る姿は本当にファンタジーでした。こんなものが自然界にあるなんて。

Dscn0637
Dscn0635
Dscn0642

とりあえずそんなところで。







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年5月19日 (火)

もう初夏ですが

……春のアミガサとハルシメジの写真を並べておきます。春の幸の会も大盛況でした。

Dscn0110_3 Dscn0112 Dscn0170 Dscn0185 Dscn0186 Dscn0201 Dscn0218 Dscn0274 Dscn0228 Dscn0147

それから別のときに近所を散歩していて、遊歩道の境に並べられた木に天然の椎茸を発見。市販のマイタケと一緒においしくいただきました。

Dscn0150 Dscn0151 Dscn0154

それから菌友に誘われてウメハルシメジ(菌友採取)を調理してくれるイタリアンへ行ったり、

Dscn0262

きのこ仙人の展覧会へ行ったりもしました。仕事が立て込んでいても、この人の展覧会は次いつあるかわからないので。。緻密で写実的でありながら暖かみと愛のあるすばらしい作品でした。

Dscn0264
以上、そのほかはゴールデンウィークとやらはどこの世界のことかわからないという感じで、週休0日の日々を送っております。あはは、うふふ……

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

アミガサの季節

絶賛放置中ですが、春きのこの到来により浮上しました。

すでにブラックモレルはピークを過ぎようとしています。今年は雨が多かったので豊作を予感していましたが、どうやら的中のようです。ただ、イエローモレルについては今後の雨次第。引き続き適度なお湿りをお願いし、今年はハルシメジにも出会いたいです。

時間もあんまりないので簡単に振り返ります。
今年の初アミガサ発見は、2月27日。過去最速でした。いつも生える場所でないと決して見つけられないミリサイズ。
Dcf_0205_2




やがて別のシロのほうが成長が早く、こんな具合にモリモリと。

Dscn0013_2Dscn0022_2





そして今年は久々に新たなシロも開拓。まだ数は少なかったけど、時期が合えば(もう少しあと)そこそこ採れそう。

Dscn0031

あれこれでかいのも収穫できて、あれこれ調理しました。

Dscn0035 Dscn0044 Dscn0039 Dscn0049 Dscn0051 Dscn0071 Dcf_0330 Dcf_0331

ざっと振り返っただけですが、とりあえずブラックは堪能できました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年2月19日 (木)

期待の新刊出ます

あけましておめでとうございます。

……って何を今さらですが、今年初の更新なので一応。
なんだかんだでばたばたしてますが、新刊が出るのでご案内に浮上しました。

ミチオ・カクの翻訳もこれでもう4冊目となりますが、今回のテーマは「心」。理論物理学者として宇宙論や最先端の物理学にからめた本を書いてきた彼が、専門外のテーマに挑んだわけですが、心配ご無用。新鮮な物理の視点で脳と心をとらえ、最初の基本的な説明を越えたらSF顔負けのとんでもない脳神経科学の未来予想が続くので、あとはもう巻末まで読むのをやめられなくなります。ニューヨークタイムズ・ベストセラーのノンフィクション部門1位獲得も当然か。

正月明けからNHK総合で『NEXT WORLD』というシリーズ番組が放映されたのですが、ミチオ・カクの前作とこの新刊の内容がかなり使われており、本人も出演していたので、刊行前からおかげさまでかなり売れている模様です。3月にもBSでミチオ・カク出演番組があるそうなので、そちらも楽しみです。

そんなわけで、ぜひお手にとってご覧下さい。本書についてはこちらのイベントでも編集者とともにお話しする予定です。
http://techizen.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/12-9107.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 6日 (土)

おひさしぶりです

ええと、完全にブログを放置していました。7月に始めるはずの仕事が前の仕事の関係で8月から始めることになり、毎朝6時か7時まで仕事をして寝るというもはやどこの国で暮らしているかわからない生活を続け、なんとか11月中旬に訳了。すぐさま前半のゲラが戻ってきたものの、なんとか人間らしい生活ができるようになりました。

そのあいだに秋は10月中旬に無理してきのこ合宿へも参加し、例年どおりハナイグチなどの鍋を堪能しました。今年はツイッターで呼びかけたこともあり、14人ぐらいの大人数で楽しくきのこ狩りや夜の宴会を楽しめました。訳了後の11/23にはきのこ仲間と二子玉のきのこアートを見て買ってから恵比寿のマッシュルームへ行ったり、その後お台場のキノコナイトへも出かけてきのこづくしの一日を過ごしました。
あと、9月には近所のシロのタマゴタケも味わっていました。今年は7月の第一陣は豊作だったものの、9月の第二陣は不作。
きのこはこのぐらいにして、11月中旬にはこんな訳書も刊行されております。
昨年末に苦労させられていた進化倫理学というかそんな感じの大部の書でして、内容の斬新さについては長谷川眞理子先生の解説が実にわかりやすく、なるほどそういうことだったのかと私自身気づかされた次第。いかんせん初版が少部数なのでこれでは苦労がまったく報われず、時給にすると世で言う最低賃金を下回るのではないかとすら思えてしまいますので、どうか増刷されますように。ちなみに本書も後半を3人の方に下訳をお願いいたしました。大変な苦労をともにしてくださり、感謝のきわみでございます。
そのほか、今月中旬にはこちらの本も刊行予定ですのでどうぞよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月23日 (水)

生きてますよ

忙しいのと、最近はツイッターが日記代わりになってるのとで、こちらは完全放置していますが、生きてます。とりあえず、新刊のご挨拶を兼ねて浮上。といっても10年前の本の文庫化です。10年を経てなお文庫化して読み継がれる本に関われたこと、ありがたく思います。

なお、文庫化にあたり、多少表記を見直したり、新たに邦訳が出た本の情報を加えたり、原書巻末にあった本書に関わりのある人物の架空の集合写真を掲載したりしています。
それと、きのこ活動についてはいろいろあったのですが、代表的な写真だけ並べてすませます。
楽しかったカンゾウタケ狩り
140525_140650 140525_144714140525_182809_2140527_202650

タマゴタケ(今年は最速の6/23に発見)

140623_163622 140623_163751

喫茶きのこ訪問

140627_173120 140627_173731

そのほかドクツルタケ、タケリタケ、ムラサキヤマドリ、ノウタケ、アカヤマドリ、ムラサキホコリ

140701_130148 140701_160919 140713_160750 140713_162430 140713_165011 140713_165058 140715_184552

そしてなんと、7/18には某所でキヌガサタケに出会う。一週間前は大群生だったらしいが、もうこの一本だけで残念。でもこれほどきれいな状態で見るのは初めて。

140718_103029 140718_103153 140718_103217

以上。只今とんでもないゲラと格闘中。ほぼ全面的に原文と突き合わせているのでまるで進まず、次の仕事ができなくて本当にまずいです。ほかにもう1本再校ゲラがあり、さらに『やわらかな遺伝子』刊行前にそのゲラも一度に揃ったときの机はこんな感じでした……orz

140703_121919

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ようやくアミガサタケの季節が